「藤原宇合」の版間の差分

官歴セクションの追加、経歴セクション推敲、出典補記
(官歴セクションの追加、経歴セクション推敲、出典補記)
[[File:Fujiwara no Umakai.jpg|thumb|220px|藤原宇合 『前賢故実』より]]
'''藤原 宇合'''(ふじわら の うまかい、[[持統天皇]]8年([[694年]]) - [[天平]]9年[[8月5日 (旧暦)|8月5日]]([[737年]][[9月3日]]))は、[[奈良時代]]の[[公卿]]。初名は'''馬養'''。[[右大臣]]・[[藤原不比等]]の三男。[[藤原式家]]の祖。[[官位]]は[[正三位]]・[[参議]]。[[勲等|]]は勲二等]]
 
==生涯 経歴 ==
[[霊亀]]2年([[716年]])8月に第9次[[遣唐使|]]の使節が任命されるが、馬養は遣唐副使]]に任ぜられるが(遣唐押使は[[多治比県守]])これが史料の初見であり同月まもなく[[正六位|正六位下]]から二階昇進して[[従五位|従五位下]]の叙せられる。[[養老叙爵]]する。霊亀3年([[717年]])6月~7月ごろ入唐し翌年10月に帰国[[長安]]に到着する。初名は「馬[[」であったが老]]2年([[718年]])10月に遣唐使節一行は[[九州]]の副使として入唐後「宇合」改める。帰着し、翌養老3年([[719年]])正月に復命を果たす。宇合は遣唐副使の功により[[正五位|正五位下]]から正五位上に昇叙された。る。同年7月の[[按察お、遣唐使]]設置時に[[常陸国司|常陸守]]として[[安房国|安房]]の入唐を通じて[[上総国|上総]]及び[[下総国|下総]]3国の[[按察使]]に任命される。'''馬老5年([[721年]])'''から'''宇合'''四階進んで[[正四位|正四位上改名]]に昇叙されしている。
 
同年7月の[[按察使]]設置時に、[[常陸国司|常陸守]]として[[安房国|安房]]・[[上総国|上総]]・[[下総国|下総]]3国の[[按察使]]に任ぜられる。養老4年([[720年]])8月に父の[[右大臣]]・[[藤原不比等]]が薨じると、翌養老5年([[721年]])正月にその子息である[[藤原四兄弟]]はそれぞれ大幅な加叙を受けるが、宇合は四階進んで[[正四位|正四位上]]に叙せられる。
[[神亀]]元年([[724年]])4月[[式部省|式部卿]]の官職にあったが、[[持節大将軍]]に任命され出兵、[[蝦夷]]の反乱を平定し11月帰還。この功により翌年[[位階]][[勲等]]を進められ[[従三位]][[勲等|勲二等]]となる。神亀3年([[726年]])[[式部省|式部卿]]のまま知造難波宮事に任ぜられ後期[[難波宮]]造営の責任者となる。この後[[天平]]元年([[729年]])の[[長屋王]]の変の時も[[式部省|式部卿]]として対応。天平4年([[732年]])には、[[参議]]・式部卿として[[西海道]][[節度使]]となる。この時の詩が『[[懐風藻]]』にあり、[[高橋虫麻呂]]の見送る歌が『[[万葉集]]』に残る。なお[[宝亀]]11年([[780年]])に宇合の時の警固式を用いるようにとの命令が出ている。天平6年([[734年]])[[正三位]]。
 
[[神亀]]元年([[724年]])4月に[[式部省|式部卿]]の[[官職]]にあったが、持節大将軍に任命され海道の蝦夷を征討するために遠征し、11月に帰還<ref>『続日本紀』神亀元年11月29日条</ref>。この功により翌神亀2年([[725年]])正月に[[従三位]]・[[勲等|勲二等]]の[[叙位]]・[[叙勲]]を受け、[[公卿]]に列する。
天平9年([[737年]])[[8月5日 (旧暦)|8月5日]]薨去。最終官位は参議式部卿兼[[大宰帥]]正三位。
 
その後も長く式部卿を務める一方で、神亀3年([[726年]])[[造宮省|知造難波宮事]]に任ぜられ、後期[[難波宮]]造営の責任者を兼ねる。神亀6年([[729年]])の[[長屋王の変]]に際しては、[[長屋王]]の[[謀反]]に関して[[密告]]が行われると、直ちに宇合は[[六衛府]]の兵士を率いて長屋王邸を包囲するなど、軍事面で主要な役割を果たした<ref>『続日本紀』天平元年2月10日条</ref>。なお、変での活躍にも拘わらず、既に[[藤原氏]]から2名([[藤原武智麻呂|武智麻呂]]・[[藤原房前|房前]])の議政官を出していたこともあり、この時点での宇合の[[参議]]昇進は見送られている。
 
[[天平]]3年([[732年]])8月に諸[[官人]]の推薦により、6名もの大量の参議抜擢が行われ、宇合は弟の[[藤原麻呂|麻呂]]とともに参議に昇進。[[藤原四兄弟]]が全員議政官となり、藤原四子政権が確立された。同年11月に[[畿内]]に惣管、[[五畿七道|諸道]]に[[鎮撫使]]が設置されると、畿内副惣管に任ぜられる(畿内大惣管は[[新田部親王]])。天平4年([[732年]])[[西海道]][[節度使]]に任ぜられ、九州に赴任する。この時に宇合が作成した[[漢詩]]が『[[懐風藻]]』にあり、[[高橋虫麻呂]]の見送る和歌が『[[万葉集]]』に残る。天平6年([[734年]])[[正三位]]に至る。
 
天平9年([[737年]])[[平城京]]中を[[疫病]]が猖獗を極める中、8月5日 (旧暦)に藤原四兄弟の最後に[[崩御#薨去|8月5日]]薨去]]した。[[享年]]44。最終[[官位]]は参議式部卿兼[[大宰帥]]正三位。
 
== 官歴 ==
『[[続日本紀]]』による。
*時期不詳:[[正六位|正六位下]]
*[[霊亀]]2年([[716年]]) 8月20日:[[遣唐使|遣唐副使]]。8月26日:[[従五位|従五位下]](越階)
*時期不詳:[[正五位|正五位下]]
*[[養老]]3年([[719年]]) 正月13日:正五位上。日付不詳:[[常陸国司|常陸国守]]。7月13日:[[安房国|安房]][[上総国|上総]][[下総国|下総]][[按察使]]
*養老5年([[721年]]) 正月5日:[[正四位|正四位上]](越階)
*[[神亀]]元年([[724年]]) 4月7日:持節大将軍
*神亀2年([[725年]]) 閏正月22日:[[従三位]]、[[勲等|勲二等]]
*時期不詳:[[式部省|式部卿]]
*神亀3年([[726年]]) 10月26日:[[造宮省|知造難波宮事]]
*[[天平]]3年([[730年]]) 8月11日:[[参議]]。11月22日:畿内副惣管
*天平4年([[732年]]) 8月17日:[[西海道]][[節度使]]
*天平6年([[734年]]) 正月17日:[[正三位]]
*時期不詳:[[大宰帥]]
 
== 系譜 ==
** 女子:[[藤原掃子]] - [[藤原綱継]]母?
 
==関連項目 脚注 ==
{{Reflist}}
* [[藤原氏]]
* [[藤原四兄弟]]
* [[藤原氏の人物一覧]]
* [[太山寺 (神戸市)|太山寺]]
 
== 参考文献 ==
*[[宇治谷孟]]『続日本紀 (上)』[[講談社]]〈[[講談社学術文庫]]〉、1992年
*『尊卑分脈 第二篇』[[吉川弘文館]]、1987年
* 金井清一「高橋虫麻呂と藤原宇合」(『国文学』23巻5号、[[1978年]])。
* 金井清一「藤原宇合年齢考」(『万葉詩史の論』、[[笠間書院]]、[[1984年]])。
* 木本好信『藤原四子』([[ミネルヴァ書房]]、[[2013年]])。
 
== 脚注 関連項目==
* [[太山寺 (神戸市)|太山寺]]
{{Reflist}}
 
 
{{Japanese-history-stub}}
{{デフォルトソート:ふしわら の うまかい}}
[[Category:藤原式家|*うまかい]]