「アドルフ・ドゥエイ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (fix link, typo)
m
== 生涯 ==
===ドイツの革命===
ドゥエイは、4歳で既に父親から読み書き計算を教えられた。彼は[[アルテンブルク]]のギムナジウムに学び、その後奨学金を得て、[[ライプツィヒ大学]]で、神学、哲学、と歴史を学んだ。1841年、彼は数年にわたる遊学の旅に出、[[バルト海]]を渡って、[[エストニア]]に赴き、そこで私講師として働いた。この当時、彼は[[ドルパト大学]]でヘーゲル哲学に関する論文で、文献学の博士の学位を取得している。彼はもっぱら独学で学んできたが、かなり知識は偏りがあり、世界文学や自然科学、博物学についてはほとんど知識は皆無で、[[ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ|ゲーテ]]の『[[ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代]]』の中の「教育州」についてをよく読んでいたくらいにとどまった。教育思想家では、[[フリードリッヒ・ディースターヴェーク]]に傾倒していた。
 
1846年になって初めて、彼は故郷のアルテンブルクに戻ってくる。この間に彼は結婚し、結婚生活も既に3年を経過していた。故郷で彼は自ら私立学校を新しいスタイルで設立、それを指導して成功を収めた。これは古典的な教育内容から離れ、自然科学や近代語の教育を優先しようとするものであった。