「新利根川橋」の版間の差分

[[1981年]]([[昭和]]56年)[[4月7日]]に[[日本道路公団]](当時)が建設し、20年の償還期間を設けた[[有料道路]]として、往復2車線の暫定供用を開始した。[[2001年]]([[平成]]13年)[[4月7日]]に無料開放され、国道4号春日部古河バイパスの一部として管理されている。なお橋脚・橋台等の下部工は竣工時から往復4車線分準備していたものの、長らく[[暫定2車線|2車線]]のままであった。その後、[[首都圏中央連絡自動車道|圏央道]]の建設工事に並行する形で、4車線化工事を実施し、[[2015年]](平成27年)[[3月27日]]に4車線化された<ref>{{cite press release |url=http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000620018.pdf|title=新4号国道で唯一の春日部古河バイパスの2車線区間が4車線で開通します。平成27年3月26日(木)〜27日(金)|date=2015-03-20|accessdate=2015-03-30|publisher=国土交通省関東地方整備局 北首都国道事務所・宇都宮国道事務所|format=PDF}}</ref>。
 
上流の利根川橋の交通量の負担軽減が、架橋目的の一つであったが、有料橋だった当時、所要時間がそれほど変わらない下流の境大橋へ迂回する車両が殆どで、当初計画していた建設費用や用地費用129億円を通行料金で徴収する償還計画が、計244億円の借金債務を抱えたまま償還が破綻した<ref>{{cite news | author = [[櫻井よしこ]] | url = http://yoshiko-sakurai.jp/2001/05/10/3750 | title = 「 どうする気なのか『道路公団』未曾有の大赤字 」 | newspaper = 『[[週刊新潮]]』2001年5月17日号 | publisher = [[新潮社]] | date = 2001-05-10 | accessdate = 2016-05-05 }}</ref>。
 
== 構造 ==
匿名利用者