「ロウバイ」の版間の差分

編集の要約なし
[[File:Chimonanthus praecox MHNT.BOT.2008.1.43.jpg|thumb|''Chimonanthus praecox'']]
 
'''ロウバイ'''(蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅〔カラウメ〕、''Chimonanthus praecox'')は、[[クスノキ目]]・[[ロウバイ科]]・ロウバイ属に属する広葉の[[落葉低木]]の一つである。早生種では[[12月]]頃に、晩生種でも[[2月]]にかけて半透明でにぶいツヤのある黄色く香り高い花がやや下を向いて咲く<ref name="engei">[{{cite web|url=http://www.yasashi.info/ro_00004.htm]「|title=ロウバイとは|publisher=ヤサシイエンゲイ」(京都けえ園芸企画舎). |accessdate=2015-12-28日閲覧}}</ref> 。名前に梅がついているため[[バラ科]][[サクラ属]]と誤解されやすいが、別属である。
 
[[唐]]の国から来たこともあり唐梅(カラウメ)とも呼ばれ、中国名も蝋梅であったことにちなむ。[[本草綱目]]によれば、半透明でにぶいツヤのある[[花弁|花びら]]がまるで[[蝋]]細工のようであり、且つ臘月(ろうげつ旧暦12月)に咲くからこの名がついた<ref>[http://www.yasashi.info/ro_00004.htm]「ロウバイとは|ヤサシイエンゲイ」(京都けえ園芸企画舎). 2015年12月28日閲覧<name="engei" /ref>。[[日本]]においてはロウバイは[[晩冬]]([[小寒]]〔1月6日頃〕から[[立春]]の前日〔2月3日頃〕までの間)の[[季語]]とされている<ref>[{{cite web|url=http://kigosai.sub.jp/archives/4690/]「|title=臘梅|publisher=きごさい」(NPO法人季語と歳時記の会). |accessdate=2015-12-28日閲覧}}</ref>。
 
花やつぼみから抽出した蝋梅油(ろうばいゆ)を薬として使用する。
 
== 外部リンク ==
* [http://www.hanazakura.jp/roubai/ ロウバイ - 花の名所案内]
* [http://kigosai.sub.jp/archives/4690 「きごさいじき『臘梅』」(NPO法人季語と歳時記の会)]
* [https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-108 ロウバイ - みんなの趣味の園芸]
* [http://www.yasashi.info/ro_00004.htm 「ロウバイとは|ヤサシイエンゲイ」(京都けえ園芸企画舎)]
 
{{commons|Chimonanthus praecox}}
466

回編集