メインメニューを開く

差分

検索エンジン

33 バイト除去, 2 年前
[[#ロボット型検索エンジン|ロボット型検索エンジン]]は、その原理上インターネット上のコンテンツを[[複製]]して[[キャッシュ (コンピュータシステム)|キャッシュ]]として保存するようになっている。[[著作権]]をたてに、ウェブサイトの閲覧利用[[規約]]等と称して、一切のいかなる複製も禁ずるとするサイト等があり、どういったものかと古くより話題になっていた<ref>たとえば [http://it.slashdot.jp/story/02/03/18/0234235 検索エンジンのキャッシュは著作権侵害か?](2002.3 [[スラッシュドット]]・ジャパン)などを見よ</ref>。
 
また、2006年11月には、日本の知的財産戦略本部コンテンツ専門調査会第3回企画[[ワーキンググループ]](WG)において、検索エンジンに関して「[[著作権法]]上、複製、編集には権利者の許諾が必要であり、[[Yahoo!]]、[[Google]]など大手検索システムのサーバーは海外に置かれているのが現状。」<ref name="kikaku3-siryou2">{{PDFlink|[http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/contents/kikaku3/siryou2.pdf コンテンツをめぐる課題(参考資料)]}}(2006.11 [http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/contents/kikaku3/3gijisidai.html コンテンツ専門調査会 企画ワーキンググループ(第3回)] - 知的財産戦略本部)</ref>と報告され、これをうけて{{要出典範囲|date=2012年12月|[[経済産業省]]が日本国内でも合法的に検索エンジンサービスが行えるように著作権法の改正や検索エンジンの開発に取り組むと発表し}}、2010年1月の改正で複製が合法とされた。
 
このことを拡大解釈したのか、あたかも著作権法のために、日本ではGoogleのような企業が育たなかったであるとか、日本におけるネット検索を妨げたのは著作権法である、といった論が巷に見られるが([[フェアユース]]規定がない等の点は従来より指摘されてはいるが)、このWG報告以前に、著作権法によりネット検索の事業が妨げられた、というような話はない。
20,581

回編集