「ノート:ケプラー (探査機)」の版間の差分

::* これは、基本的にシュミット式望遠鏡のデザイン[設計?]で、0.95mの口径、105平方度(約12度)の視野(FOV)を持ちます。
天体望遠鏡自体、焦点の部分に各種計測器(分光計や、カメラなど)を取り付けて利用しているものですし、Keplerも系外惑星の探索を主目的とした単機能の望遠鏡と捉えることもできると考えています。--[[利用者:数也|数也]]([[利用者‐会話:数也|会話]]) 2017年2月11日 (土) 02:23 (UTC)
 
*{{コ}} (皆様宛)賛否決めかねます。日本語の出典で「宇宙機ケプラー」あるいは「スペースクラフト・ケプラー」というのが見つからない一方、NASAで「space telescope」という記述が見つからないのが気になります。[http://www.oao.nao.ac.jp/public/research/k2-28b/ ケプラー宇宙望遠鏡]以外にも、[http://subarutelescope.org/Pressrelease/2015/05/11/j_index.html 太陽系外惑星探査衛星ケプラー]、[http://esppro.mtk.nao.ac.jp/~narita/seminar/120828cross_seminar.pptx ケプラー計画(注:パワーポイント)28p by 成田憲保助教授]などがありますね。用例で決めるのは嫌いですが、[http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/032500016/ このレベルの出典]がかろうじてある[[高輝度赤色新星|これ]]に比べれば、「ケプラー宇宙望遠鏡」はまだマシかもしれませんね(<small>天文記事にはもっと最悪なの出典なし記事名もありますし。[[異種星|1]]、[[鉄星|2]]、[[準褐色矮星|3]]、[[青色矮星|4]]</small>)。--[[利用者:Sutepen angel momo|Sutepen angel momo]]([[利用者‐会話:Sutepen angel momo|会話]]) 2017年2月11日 (土) 17:32 (UTC)
20,374

回編集