「TAP THE LAST SHOW」の版間の差分

『'''TAP THE LAST SHOW'''』(タップ・ザ・ラスト・ショー)は、[[2017年の映画|2017年]]制作の[[日本の映画|日本映画]]。
 
[[タップダンス]]を題材にした映画で、[[水谷豊]]が23歳の時から40年間アイデアを温め続け、満を持して初監督と主演を務めた作品<ref>{{Cite news|url= http://www.sanspo.com/geino/news/20160425/geo16042505040016-n1.html |title= 構想40年!63歳・水谷豊、タップダンス映画で監督デビュー |newspaper= Sponichi Annex |publisher= スポーツニッポン新聞社 |date= 2016-04-25 |url=http://www.sanspo.com/geino/news/20160425/geo16042505040016-n1.html|accessdate= 2016-04-25 |publisher=スポーツニッポン新聞社}}</ref><ref>{{cite news|url=http://www.cinemacafe.net/article/2016/12/14/45659.html|title=水谷豊、やさぐれ元タップダンサー姿解禁!初監督作『TAP-THE LAST SHOW-』|publisher=cinemacafe.net|date=2016-12-14|url=http://www.cinemacafe.net/article/2016/12/14/45659.html|accessdate=2017-01-25|publisher=cinemacafe.net}}</ref>。撮影に当たって、総勢300人強の若いダンサーにオーディションを行い、5人の若手メインキャストが選ばれた<ref>[http://www.toei.co.jp/movie/details/1207403_951.html 東映公式サイトより]</ref>。当初は水谷扮するタップダンサーを主演に撮る予定であったが、水谷の年齢を考慮し、大ケガを負い一線を退いた元タップダンサーが未来ある若者たちを導く“師弟物語”に変更された<ref>{{cite news|url=http://eiga.com/news/20161214/4/|title=水谷豊初監督作は17年6月公開!不遇だった元天才ダンサー姿も初お披露目|publisher=[[映画.com]]|date=2016-12-14|url=http://eiga.com/news/20161214/4/|accessdate=2017-01-25|publisher=[[映画.com]]}}</ref>。
 
== あらすじ ==
*[[濱地正浩|HAMACHI]]
*[[太田彩乃]]
*[[佐藤瑞希|佐藤瑞季]]
*[[さな]]
*[[六平直政]]
匿名利用者