「インベストメント鋳造」の版間の差分

編集の要約なし
m (+{{For}})
 
{{For|芸術分野でのインベストメント鋳造|ロストワックス}}
{{出典の明記|date=2013年11月}}
'''インベストメント鋳造'''(インベストメントちゅうぞう、{{Lang-en|investment casting}})とは、工業プロセスにおける[[鋳造]]方法のひとつで、複雑な形状の製品を簡易に製造できる手法として用いられる。'''[[ロストワックス|ロストワックス鋳造]]'''(lost wax casting)とも呼ばれることもある
 
== 概要 ==
まず鋳造する製品と同じ形状の原型を、ワックス([[蝋]])等で製作する。この原型にはあらかじめ湯口の部分を作っておく。次に原型の周囲を[[磁器]]等で焼き固めて[[鋳型]]を造る。このとき原型のワックスは熱で融け出して消失する。こうして完成した鋳型へ溶融金属を流し込み、冷えた時点で鋳型を破壊すると[[鋳物]]が残り完成となる。
複雑な形状の製品を簡易に製造できる手法として用いられる。ワックス([[蝋]])や[[発泡スチロール]]のように高温で消失する素材で原型を製作する。ワックス([[蝋]])を使用する場合には'''[[ロストワックス|ロストワックス鋳造]]'''(lost wax casting)と呼ばれる。
 
== 工程 ==
=== 蝋を使用する場合 ===
{{main|ロストワックス}}
まず鋳造する製品と同じ形状の原型を、ワックス([[蝋]])のように高温で消失する素材で製作する。この原型にはあらかじめ湯口の部分を作っておく。次に原型の周囲を耐火性[[磁器石膏]]等の耐火材覆い、硬化、乾燥後に高温で脱蝋、き固め結して[[鋳型]]を造る。このとき原型のワックスは熱で融け出して消失する。こうして完成した鋳型へ溶融金属を流し込み、冷えた時点で鋳型を破壊すると[[鋳物]]が残り完成となる。
 
=== 発泡スチロールを使用する場合 ===
『フルモールド鋳造』、『消失模型鋳造法』『ロストフォーム法』『フルモールド法』と呼ばれる鋳造法で、まず鋳造する製品と同じ形状の原型を、[[発泡スチロール]]で製作する<ref name="cast">{{cite web|title=フルモールド鋳造法について |url=http://www.izox.co.jp/basic.html |accessdate=2017-02-13}}</ref>。この原型にはあらかじめ湯口の部分を作っておく。周囲を鋳物用の砂等で覆い、型の硬化後、直接溶融金属を流し込むと発泡スチロールが溶けて消失する。冷却後鋳型を破壊すると[[鋳物]]が残り完成となる<ref name="cast"/>。
 
== 特徴 ==
 
また、歯科医療において[[クラウン (歯科)|クラウン]]などを製造する歯科精密鋳造の方法として一般的であり、[[歯科医師]]や[[歯科技工士]]が行っている。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
258

回編集