「セレノプロテインP」の版間の差分

編集の要約なし
 
セレノシステインを含むタンパク質は通常、セレノシステインを1つだけ含有す場合が多いが、セレノプロテインPでは、分子中にセレノシステインを10個含んでいる。また、ヒトにおいてはC末端側が短い分子種が報告されている。これはセレノシステインをコードする[[コドン]]が終始コドンと同一であるため、メッセンジャー[[RNA]]からタンパク質への翻訳の途中で、タンパク質合成が止まってしまうためであるとの意見があるが、現在のところ明らかではない。
 
血液中に見つかるセレノプロテインPは、ほぼ[[肝臓]]で合成されると考えられており、役割はセレンの抹消末梢[[臓器]](特に[[脳]]および[[精巣]])への輸送、あるいは貯蔵に関与していると見られるが、全容の解明には至っていない。また、[[活性酸素]]を消去するとの報告もあり、活性酸素の消去をセレノプロテインPの役割とする研究者もいる。
 
{{biosci-stub}}
匿名利用者