メインメニューを開く

差分

m
補足。……にしても、こんなシンプルなタイトルの論文って久しぶりに見た気がする。
| routes_of_administration = [[静脈内投与|IV]], [[皮下]], [[外用]]
}}
 
'''リドカイン'''([[ドイツ語|独]]: Lidocain)は、世界で最も広く使用される[[局所麻酔薬]]であり、[[抗不整脈薬]]でもある。また、神経痛や手足のしびれの症状の一部にも有効である。
 
 
== 性質 ==
リドカインは、白色から微黄色の結晶あるいは結晶性の粉末である。[[メタノール]]又は[[エタノール]]に極めて[[溶解]]しやすい。[[酢酸]]あるいは[[ジエチルエーテル]]に溶解しやすい。水に不溶解である。希塩酸に溶解する<ref name="yakkyokuhou">「リドカイン」『日本薬局方』第16改正。1452頁。厚生労働省。(2011-03-24)</ref>
[[メタノール]]又は[[エタノール]]に極めて[[溶解]]しやすい。
[[酢酸]]あるいは[[ジエチルエーテル]]に溶解しやすい。水に不溶解である。
希塩酸に溶解する。<ref name="yakkyokuhou">「リドカイン」『日本薬局方』第16改正。1452頁。厚生労働省。(2011-03-24)</ref>
 
なお、リドカインを[[希塩酸]](HCl)に規定量を溶解させて得た塩酸リドカイン(C<sub>14</sub>H<sub>22</sub>N<sub>2O</sub>・HCl)を注射薬とし、[[薬局方|日本薬局方]]において「リドカイン注射液」と称する。
塩酸リドカイン注射液は、水性で無色澄明の液体である<ref name="yakkyokuhou"/>
 
== 薬理作用 ==
[[イオンチャネル]]の1つである[[ナトリウムチャネル]]に結合し、ナトリウムイオンの透過を阻害して活動電位を不活性化することにより、神経伝達を遮断する。心拍にもナトリウムチャネルが関与しているため、不整脈改善効果を期待して使用される。
 
=== 局所麻酔薬として ===
0.5%,1%.2%のリドカイン製剤が市販されている。表面麻酔、浸潤麻酔、伝達麻酔、脊椎麻酔、硬膜外麻酔に用いられる。
;副作用
:過用量に注意する必要があり、200mg200 mg以上使ってはならない。痙攣が起こる危険がある。足りない場合は、すぐに全身麻酔に切り替える必要がある。痙攣が起こった場合は、[[ジアゼパム]]を投与する。
;禁忌
:アドレナリン入りキシロカインは、[[指]]、[[趾]]、[[陰茎]]の麻酔には用いてはならない。血管が収縮しすぎて、壊死する危険がある。
=== 抗不整脈薬として ===
抗不整脈薬としてはボーン・ウイリアムス分類のⅠb群に該当する。この群はアプリンジン(アスペノン&reg;)以外は心室性不整脈にのみ適応がある。
 
;キシロカイン&reg;
: キシロカイン&reg;としては静注用と点滴用の2種類が存在する。静注用キシロカイン50mg/2.5mlはそのまま1A1アンプル用いる。点滴用はキシロカイン1000mg/10mlであるため、2000mgを5%ブドウ糖液で200mlに希釈し6~12ml/hr(1~2mg/min)で点滴する。無効時はアミサリン500mg(1Aが100mg/1ml)をブドウ糖液で20mlとし静注する。
;リドカイン静注用2%シリンジ「テルモ」(旧商品名:リドクイック&reg;)
: 静注用キシロカイン50mg/2.5mlのジェネリック品で、静脈注射用プレフィルドシリンジ製剤である。
;オリベス&reg;
: キシロカインと同じリドカイン製剤である。こちらは静注用は100mg/5mlである。静注では1回50~75mgまたは1mg/Kgの投与で10~20分毎の反復投与となる。1時間の最大投与は300mgまでとする。点滴では1000mg/10mlである。5%ブドウ糖液で100mlとすると10mg/mlとなるため、6~24ml/hrで維持をする。1日2000~2500mgまで投与可能で24ml/hr以上の速度で投与はしない。
;メキシチール&reg;
: メキシレチン(メキシチール&reg;)はリドカインアレルギーの時、代用として用いられる。経口薬もあるため300mg分3などで心室性不整脈の治療でも用いられることがある。静注での維持量は0.4~0.6mg/Kg/hrであるためメキシチール4A (1000mg) を5%ブドウ糖で100mlとすると10mg/mlとなるので、体重が50Kgならば2~3ml/hrで維持できる。
 
== 薬物動態 ==
リドカインのタンパク結合率は、60 %から80 %の間とされている<ref name="DB00281">[https://www.drugbank.ca/drugs/DB00281 Lidocaine (DB00281)]</ref>。血液循環に入ったリドカインは、[[血液脳関門]]や[[胎盤]]を通過することが知られている。また、乳汁へも移行するものの、乳汁中のリドカインの濃度は、血清中における濃度の40 %程度であった<ref>『[https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3757781 Lidocaine excretion in breast milk]』</ref>。リドカインは、主に肝臓で代謝される<ref name="DB00281">[https://www.drugbank.ca/drugs/DB00281 Lidocaine (DB00281)]</ref>。肝臓では[[CYP1A2]]や[[CYP3A4]]や[[CYP3A7]]によって、[[アミン|弟3級アミン]]になっている部分から1つだけ[[エチル基]]を外して[[アミン|弟2級アミン]]に変換されたり、ベンゼン環の水素が[[水酸基]]に置換されたりする<ref name="DB00281">[https://www.drugbank.ca/drugs/DB00281 Lidocaine (DB00281)]</ref>。しかし、リドカインや肝臓でのリドカインの代謝物は、肝臓からではなく、腎臓から尿中へと排泄される<ref name="DB00281">[https://www.drugbank.ca/drugs/DB00281 Lidocaine (DB00281)]</ref>。なお、尿中へは多くが代謝物の形で排泄され、未変化体(リドカインのまま)で尿中へと排泄される量は少ない。
 
== 関連項目 ==
* [[麻酔科学]]
* [[歯科麻酔学]]
 
== 出典 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
 
== 外部リンク ==
* [http://www.nurs.or.jp/~academy/igaku/i/i514.htm nurs.or.jp/~academy/] - リドカインの概要
* [http://or-nurse.seesaa.net/article/16933067.html オペ・ナース養成講座 ~ 新人手術室看護師のために] - 局所麻酔用キシロカインの使い分け
==脚注==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
{{心血管疾患}}