「重松省三」の版間の差分

編集の要約なし
都市対抗出場後に[[横浜ベイスターズ|大洋ホエールズ]]へ入団。[[1963年]]に一軍に定着し、[[1964年]]には[[中堅手]]、一番打者の定位置を獲得。同年は打率.296(7位)、15本塁打の記録を残し、[[ベストナイン (日本プロ野球)|ベストナイン]]に選出された。その後も長くチャンスメーカーとしての役割を果たし、[[1970年]]、[[1971年]]には[[規定打席]]に到達している。[[1975年]]限りで現役引退。
 
その後は大洋に残り[[1976年]]は一軍コーチ[[19761977年]])、二軍外野守備・走塁コーチ([[1977年]])二軍打撃コーチ([[1978年]] - から[[1979年]], まで二軍打撃コーチ、[[19871980年]] - から[[19881986年]])、までスカウト[[19801987年]] - から[[19861988年]]まで再び二軍打撃コーチ歴任。務め、[[1989年]]からフロント入りした。
 
上背はないが長打力のある選手で、コンスタントにシーズン10本以上の本塁打を放った。[[1967年]]には[[ヤクルトスワローズ|サンケイ]]とのダブルヘッダー第1戦で代打サヨナラ本塁打、続く第2戦に先頭打者本塁打を放つ。これは[[セントラル・リーグ|セ・リーグ]]史上2人目の記録だった。
[[Category:西濃運輸硬式野球部の選手]]
[[Category:横浜DeNAベイスターズ及びその前身球団の選手]]
[[Category:日本の野球指導者]]
[[Category:愛媛県出身の人物]]
[[Category:松山大学出身の人物]]