「河村幹雄」の版間の差分

 
== 経歴 ==
[[明治]]19年([[1886年]])、[[北海道]]に生まれる。私立海軍予備校を経て、明治44年([[1911年]])に[[東京大学|東京帝国大学]]を卒業する。卒業後、[[九州帝国大学]]の講師となり、後、九州帝国大学教授に就任し、工学部長などを歴任する。地質学者である一方、「教育の他に何者もなし」の信念の元、教育者としても名高く、{{独自研究範囲|date=2014年4月|今にも通ずる多くの提言を残してる}}。[[昭和]]6年([[1931年]])に若くして亡くなった。没後、名誉教授の栄誉を受ける。また、[[榎本隆一郎]]海軍中将など多くの逸材を育てた。右翼との交流もあり、海軍中尉[[藤井斉]]の紹介により、のちに[[井上日召]]の手先として[[血盟団事件]]を引き起こす[[四元義隆]]に面会している。
 
== 著書 ==
匿名利用者