「陳子昂」の版間の差分

 
== 略伝 ==
{{or|陳子昂はもともとは先祖代々潁州([[安徽省]])出身であり、4代前から梓州に住むようになった|date=2014年10月}}。18歳頃まで無頼なふるまいばかりで、古典はおろか読み書きさえまともに出来なかった。しかし無学な自分に嫌気がさしたため一念発起、故郷近くの金華山に籠もって学問に励み、<!--24歳のときに-->[[進士]]となるまでになった。そのころ[[高宗 (唐)|高宗]]が崩御して陵墓問題が持ち上がり、これについて上書したところ、[[武則天]]に才能を認められ、麟台正字(秘書正字)に任じられた。その後、右拾遺となった陳子昂は、武則天朝の酷刑や密告制度を用いる非情な政治体制を批判する上書をおこなった。これが原因で投獄されたが、その真摯さを評価されて復職することになった。
 
[[696年]]([[万歳通天]]元年)から、武攸宜(武則天の一族)の率いる[[契丹]]討伐軍に参謀(記室参軍)として参加した。戦果をなかなか挙げられない武に対し、策を上書し諫言を呈するも受け入れられず、かえって降格処分となった。[[聖暦]]年間に入ると、老父の世話をするために帰郷する。父が死去するとショックを受け、病弱な体質から体調が悪化し、さらに県令の段簡による誣告で投獄されたため、憤激のあまり獄死した。段簡が陳子昂を陥れた理由として、陳家の財産に目を付けたから、また武一族に指嗾されたからとの説がある。
匿名利用者