「基数ソート」の版間の差分

*IEEEフォーマット の場合は、float a, b が与えられたとき、a>b>0なら*(int*)&a>*(int*)&bとなるため、指数部と仮数部に分ける必要も、整数に近似する必要もない。http://codercorner.com/RadixSortRevisited.htm を参照。
 
コンピュータ以外での応用に、周辺部に穴の開いた紙カードの、穴から外側の部分の紙を情報に応じて切り欠いたもの([[パンチカード#ハンドソートパンチカード・システム]])のソート方法というものがある。歴史的な順序としてはこれのほうが(従って基数ソートというアイディアそのものも)、電子式のコンピュータが誕生するより古くからある。穴の場所に串を通し持ち上げると、その穴のところを切り欠いたカードが残り、切り欠いてないカードが選び出される。そうして選び出したカードを片側に寄せる。[[二進法]]の下の桁からこの操作を繰り返すと、基数ソートになる。
穴の場所に串を通し持ち上げると、その穴のところを切り欠いたカードが残り、切り欠いてないカードが選び出される。そうして選び出したカードを片側に寄せる。[[二進法]]の下の桁からこの操作を繰り返すと、基数ソートになる。
 
== 脚注 ==