「陸軍治罪法」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
{{日本の法令
|題名=陸軍治罪法(1883年)
|番号=明治16年8月4日太政官第24号布告
|通称=
|効力=1888年陸軍治罪法により廃止
|種類=[[公法]]、[[刑事法]]
|内容=陸軍軍人に対する刑事裁判手続特別法
|関連=[[治罪法]]
|リンク=
}}
{{日本の法令
|題名=陸軍治罪法(1888年)
|番号=明治21年10月20日法律第2号
|通称=なし
|効力=1922年[[陸軍軍法会議法]]により廃止
|種類=[[公法]]、[[刑事法]]
|内容=陸軍軍人に対する刑事裁判手続特別法
|関連=[[刑事訴訟法]]、[[陸軍刑法]]、[[陸軍軍法会議治罪]]執行規則
|リンク=
}}
[[1888年]](明治21年)には法律として全部改正され(明治21年10月2日法律第2号)、「陸軍治罪法執行規則(明治21年陸達第204号)」が追加された。
 
[[1890年]]に刑事手続法の一般法である[[治罪法]]に替わり[[刑事訴訟法]](明治23年法律第96号)が制定され、また[[1908年]]に[[陸軍刑法]](明治41年4月10日法律第46号)が制定されたことから、刑訴法に習って訴訟手続を改正すべきとの法曹界からの意見を受け、[[1921年]](大正10年)に「陸軍軍法会議法」(大正10年4月26日法律第85号)が設置され、これに伴い[[1922年]](大正11年)4月に廃止。
 
==構成(1883年)==