「がんもどき」の版間の差分

m
「雁擬き」と字を宛てて表記することもある。水気をしぼった豆腐にすった[[ヤマノイモ|ヤマイモ]]、[[ニンジン]]、[[ゴボウ]]、[[シイタケ]]、[[コンブ]]、[[ギンナン]]などを混ぜ合わせて丸く成型し油で[[揚げ]]たものである。[[おでん]]や[[煮物]]に用いられることが多い。なお[[江戸時代]]の終わりまでは、[[こんにゃく]]を油で炒めた料理を「がんもどき」と呼んでいた。
 
元々、がんもどきは[[精進料理]](もどき料理)で[[肉]]の[[コピー食品|代用品]]として作られたものである。名前の由来については諸説あるが、最も知られているのは[[雁]]の肉に味を似せたとされることから「がんもどき」だという説である。他にも[[鳥類]]の肉のすり身を[[鶏卵]]大に丸めて煮たり蒸したりする料理「[[つくね|丸(がん)]]」に似せて作ったという説や、がんもどきの中に[[キクラゲ|きくらげ]]ではなく安物の[[昆布]]で代用したら丸めた形の表面に糸昆布が現れてその様子が雁が飛んでいるかのように見えたからという説などが存在する。また現在では崩した豆腐に具材を混ぜ込んで揚げるが、江戸時代には饅頭のように豆腐で包んで揚げていたようである。([[豆腐百珍]]の記述より)
 
== 飛竜頭 ==
9,779

回編集