「カルロス2世 (スペイン王)」の版間の差分

m (Bot: <font color="#FF0000">'''曽祖母:'''</font> → <span style="color:#FF0000;">'''曽祖母:'''</span>, <font color="#FF0000">'''母:'''</font> → <span style="color:#FF0000… ,∵Replaced obsolete <font> tag to equivalent <span> tag: PJ:CW #40)
=== 先天性疾患 ===
[[File:Carlos segundo80.png|thumb|250px|left|カルロス2世の先祖の家系図]]
カルロス2世はスペイン王であると共に、[[ナポリ王国]]、[[シチリア王国]]などの[[南イタリア]]のほぼ全土の王であった。スペインの海外領土である[[フィリピン]]や[[メキシコ]]にも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、当時その理由は「呪いをかけられたため」と一般に考えられており、カルロス2世自身もそう思っていた。現在では、彼が病弱だった理由はおそらく[[ハプスブルク家]]の何重繰り返した、[[近親婚]]<ref>父母は[[叔姪婚|伯父と姪の関係]]であり、父の妹マリア・アナはカルロス2世にとって叔母であると同時に祖母でもある。曾祖父フェリペ2世も伯父と姪の結婚。詳細は系図を参照。</ref>によるものであろうと考えられている。
 
カルロス2世は[[先端巨大症]]のため、咀嚼に影響があり、常によだれをたら垂れ流していた。その他にも[[てんかん癲癇]]等いくつかなどの病気をいくつも患っていたと推測されている。また[[知的障害]]もあっ併発していたらしく、特に幼少期には衣服を身につけた動物のようであり、教育らしい教育をすることも困難であったという。
 
=== 支配 ===
75

回編集