「Vサイン」の版間の差分

編集の要約なし
(a)
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集
[[File:JSC Stardust 2006.jpg|thumb|350px|2006年、アメリカ合衆国テキサス州の[[ジョンソン宇宙センター]]で、[[宇宙探査機]][[スターダスト (探査機)|スターダスト]]が持ち帰った試料が到着した際に、勝利を意味するVサインを掲げた研究員。]]
'''Vサイン'''(ブイサイン、{{lang-en|V sign}}、[[Unicode]]:{{Unichar|270C|Victory hand}})は、[[人差し指]]と[[中指]]を、指先を離すようにして伸ばし、他の指は折ったままにする[[手]]の[[ジェスチャー]]。文化的文脈やその形をとる手の提示の仕方などによって、様々な意味をもっている。特に、[[第二次世界大戦]]中の[[連合国 (第二次世界大戦)|連合軍]]側の陣営においては、「勝利 (victory)」を意味する「V」の字を象った仕草として広く用いられた。[[イギリス]]や、それと文化的なつながりの深い地域の人々の間では、手のひらを自分の方に向ける形でこのサインを示し、相手への敵対、挑発のジェスチャーとする。また、多くの人々は、単に数字の「[[2]]」を意味してこのサインを用いる。[[1960年代]]以降、Vサインは[[カウンターカルチャー]]運動の中に広まり、通常は手のひらを相手側に向ける形で、[[ピースサイン]]としても用いられるようになった。
 
== 使い方 ==
67

回編集