「古瀬駅」の版間の差分

記述修正
m
(記述修正)
 
駅名の由来はフル・センピリ(丘の陰)とされるが諸説ある。
 
=== 年表 ===
* [[1954年]]([[昭和]]29年)[[7月1日]] - [[日本国有鉄道|国鉄]]の'''古瀬[[信号場]]'''として開設。係員配置。
* [[1971年]](昭和46年)[[8月1日]] - 無人化。
* [[1987年]](昭和62年)[[4月1日]] - [[国鉄分割民営化]]によりJR北海道に継承。同時に駅に昇格。
* [[1990年]]([[平成]]2年)[[3月10日]] - [[営業キロ]]設定。
 
== 駅構造 ==
 
上下ホームはずれていて、[[構内踏切]]で結ばれている。
 
== 利用状況 ==
2012年度の乗車人数と乗降人数は0人。
 
== 駅周辺 ==
周囲は森林に囲まれており酪農家がわずかに見えるのみ。このため[[秘境駅]]の1つとされている。駅への道も整備されていない。
 
== 隣の駅 ==
; 北海道旅客鉄道(JR北海道)
: {{color|#8cc63e|■}}根室本線
:: [[音別駅]] (K45) - '''古瀬駅 (K46)''' - [[白糠駅]] (K47)
 
12,173

回編集