「イシダ」の版間の差分

: 計量の自動化・高速化・省人化とコスト削減を目的に造られた産業機械。イシダが世界で初めて「組み合せ計量機」を生み出したパイオニアとなる。原理は商品を数個ずつ分散し、それぞれを別々に複数の計量器で計量、それぞれの計量値をコンピューターで組み合せ計算を行い、設定した質量を下回ることなく最も近い組み合せを選び出す。イシダのラインナップとして「CCW-RV」シリーズなどがある。特徴として最高0.5g〜1.0gの計量精度による高精度計量を最大210回/分高速稼働が可能となっている。
* '''縦型ピロー包装機'''
: フィルムを高速で安定供給し、フィルム袋状に成形、内容物を詰め、封をするための包装機械。イシダのラインナップとして「ASTRO」などがある。
* '''箱詰め装置'''
: 商品の箱詰めを自動化し、ラインの効率化を実現するための装置。イシダのラインアップとして「ACP-601」がある。特徴としてパラレルリンク機構を搭載し、多様な積み方に対応している。
40

回編集