「ノルディック複合」の版間の差分

近年の日本勢の活躍を追記。
(近年の日本勢の活躍を追記。)
 
[[2014年]]の[[ソチオリンピック]]では渡部暁斗が個人ノーマルヒルで銀メダルとなり、リレハンメルオリンピック以来、20年ぶりとなる日本人選手のメダル獲得となった。
 
その後、渡部暁斗の弟・[[渡部善斗|善斗]]、[[永井秀昭]]、[[渡部剛弘|渡部剛裕]]らが台頭。ワールドカップで上位争いを繰り返したほか、2017年のノルディックスキー世界選手権([[フィンランド]] [[ラハティ]])では渡部暁斗が個人ラージヒルで銀メダル、渡部兄弟で臨んだ団体スプリントで銅メダルを獲得した。
 
<!--せめて一行でもいいからなんか書いてから節立てしてください