「自衛隊格闘術」の版間の差分

 
'''基礎技術''' 
徒手格闘のは下記の基礎の組み合わせで成り立っている。
*当身技
:*'''突き''' 縦拳での突き。
:*'''回し打ち''' ボクシングのフックにあたる
:*'''揚打''' アッパーカット
:*'''肘打ち'''
:*'''前蹴り''' 
:*横蹴り 
:*'''膝蹴り''' 
:*回し蹴り 
:*送り襟締め
:*十字締め
*短剣  
:*刺突
:*逆手刺突
*小銃 
 
これらは、自衛隊徒手格闘の技のごく一部であり公開されて様々技が数多く存在する。
 
徒手対徒手、短剣対短剣、短剣対棍棒、短剣対小銃、徒手対短剣、徒手対小銃、徒手対拳銃、小銃対小銃、対複数などは、上記の基礎技術の組み合わせで各状況における対処法が定められている。
 
=== 自衛隊格闘 武器技術 ===
2,142

回編集