「ハリセンボン」の版間の差分

m ('''[​[ハリセンボン]​]''' → '''ハリセンボン''' ∵Removed self-link: Check Wikipedia #48)
"Porcupinefish"(Porcupine=[[ヤマアラシ]])という英名もここに由来する。なお実際の棘の数は350本前後で、和名のように千本あるわけではない。棘は[[鱗]]が変化したもので、かなり鋭く発達する。この棘は普段は寝ているが、体を膨らませた際には直立し、敵から身を守ると同時に自分の体を大きく見せるのに役立つ。ただしイシガキフグなどは棘が短く、膨らんでも棘が立たない。
 
浅い海の岩礁、[[サンゴ礁]]、砂底に生息する。他のフグ目の魚と同様に胸びれ、尻びれ、背びれをパタパタと羽ばたかせながらゆっくりと泳ぐ。食性は肉食性で、[[貝類]]、[[甲殻類]]、[[ウニ]]など様々な[[底生生物]](ベントス]]を捕食する。丈夫な歯で貝殻や甲羅、ウニの殻なども噛み砕いて食べてしまう。
 
本来は熱帯性の魚だが[[暖流]]に乗って北上し、水温が低下する[[冬]]季に[[海岸]]部に大量に漂着することがある。これらの漂着個体は水温が低すぎるため[[繁殖]]できずに死んでしまう([[回遊#死滅回遊|死滅回遊]])。
匿名利用者