「ビールマンスピン」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
== ビールマンスピンの制限 ==
新採点法[[ISUジャッジングシフィギュアテム=コド・オブ・ポインの採点法|新採点法]]が開始されてから多くの選手が様々な要素でビールマンポジションをとるようになった。たとえばコレオ・スパイラルでスパイラルのクオリティにかかわらずポイントを上げるためにこのポジションをとるようになる。さらには、レイバックスピンを8回転行った後で難しい変化形を加えるためにビールマンスピンに移行し、得点の価値を高めている。
 
ビールマンポジションでのスピンはレイバックスピンやアップライトスピンの難しいバリエーションのひとつと分類されていて、選手はレイバック、アップライトのどちらでもその難しいバリエーションができるし、またビールマンスピン単独でもソロスピンとしてカウントされている。