メインメニューを開く

差分

m
ソートキー修正(あいじんもえこせいせいかつ→あいしんもえこせいせいかつ)
数ヶ月前に森下は自分の[[会社]]を倒産させた。そして、妻も家を出ていってしまった。森下は、妻や[[管財人]]、[[債権者]]の目を掻い潜り隠してあった金でキャバクラ通いを始めた。全てを失い、それ故に開放感すら覚えていた森下の前に、一人のキャバクラ嬢が現われる。萌子だった。森下と萌子は飽きる事無くセックスに耽った。[[シャワー]]室、[[便所|トイレ]]、[[差し押さえ]]を逃れた森下の[[工場]]兼自宅……普通のセックスに飽き足らない二人は、次第に過激なプレイに興じていった。今の森下にとって、萌子が全てだった。
 
そんなある日、森下と萌子は夜道で[[フリーター]]だという永山(石川)を飲みに誘う。そして、二人は[[うだつ]]の上がらない風情の永山を連れて森下の自宅に帰る。永山を交えての[[グループセックス#3P|3P]]に、やや[[マンネリ]]になっていた森下は新鮮味を感じていた。だが、翌朝、昨晩限りであったはずの永山が、萌子と一緒に[[台所]]にいるではないか。森下は永山に早く出て行って欲しいと思っていた。せっかく掴んだ萌子との生活を、他人にぶち壊しにして欲しくなかった。<br />永山を含めての3人の[[朝食]]。森下は萌子が作った[[味噌汁]]を飲んだ途端、身体に異変を感じた。全身が痺れて動けなくなり、その場に倒れる森下。萌子と永山が一服盛ったのである。萌子は、瀕死の森下に見せ付けるように、永山とセックスを始める。森下の胸中に萌子を奪われた怒りと悔しさがこみ上げる。と同時に、二人の痴態にどうしようもない興奮と快感を覚えていた。やがて、森下は[[意識]]が[[混濁]]していった……
 
森下は自宅に入り込んだ[[ホームレス]]に助けられ、奇跡的に一命を取り留めた。だが、その場にはすでに萌子も永山もいなかった。
 
{{Movie-stub}}
{{DEFAULTSORT:あいんもえこせいせいかつ}}
[[Category:2006年の映画]]
[[Category:ピンク映画]]
106,610

回編集