「普通自動車」の版間の差分

編集の要約なし
</div>
{{law}}
'''普通自動車'''(ふつうじどうしゃ)は、[[日本]]における[[自動車]]の区分のひとつ。略称は'''普通車'''。
 
== 概要 ==
法的区分として、[[運転免許]]制度([[道路交通法]])におけるものと、[[道路運送車両法]]におけるものがある。
===運転免許制度上の区分===
[[車両総重量]]53,000kg500kg未満、[[最大積載量]]32,000kg未満'''および'''[[乗車定員]]10人以下の条件を'''全て満たす'''[[日本における自動車|自動車]]で、[[大型特殊自動車]]、[[自動二輪車]]([[特定二輪車]]を含む)、[[小型特殊自動車]]のいずれにも該当しないものを指す。
 
普通自動車[[第一種運転免許|免許]]、普通自動車[[第二種運転免許|第二種免許]](以下それぞれ「普通免許」「普通第二種免許」と略記)、[[中型自動車]]免許、中型自動車第二種免許(以下それぞれ「中型免許」「中型第二種免許」と略記)、[[大型自動車]]免許、大型自動車第二種免許(以下それぞれ「大型免許」「大型第二種免許」と略記)の[[運転免許]]で運転できる。
*[[2007年]]([[平成]]19年)[[6月2日]] - [[中型自動車]]免許制度の新設により、従来の車両総重量8,000kg未満、最大積載量5,000kg未満、乗車定員10人以下から現行区分へと変更された。この改正の前に交付された普通自動車免許は、改正後は「車両総重量8,000kg未満、最大積載量5,000kg未満、乗車定員10人以下」限定の中型自動車免許を取得していると見なされ、運転免許証更新時に『運転の条件』が付記され、8[[トン]]限定付きの中型自動車免許を所持しているのと同じ効力を持つ運転免許証に更新された。すなわち、改正後も新たに免許を取得する事なく、改正前の普通自動車免許で運転出来た自動車を、そのまま運転可能である。
*[[2008年]](平成20年)[[6月1日]] - [[日本の高速道路|高速道路]]での後部座席[[シートベルト]]着用が義務付けられた。普通自動車免許に限り、[[聴覚障害者]]でも取得が可能になった。ただし、車両の前後に『[[聴覚障害者標識]]』を表示する事と、ワイドミラーの取り付けが『免許の条件』で義務付けられている。また、通常下位車種に当たる[[原動機付自転車]]を運転することが出来ない。なお、『聴覚障害者標識』を表示した車両に割り込みや幅寄せをすると、違反点数1点、[[反則金]]5,000円が科せられる。
*[[2017年]](平成29年)[[3月12日]](予定事項) - [[準中型自動車]]免許制度の新設により、現行従来区分から車両総重量35,500kg000kg未満、最大積載量23,000kg未満、乗車定員10人以下から現行区分変更予定であるされた。この改正前に取得した普通自動車免許については、改正後は「車両総重量5,000kg未満、最大積載量3,000kg未満、乗車定員10人以下」限定の準中型免許(二種の場合は中型二種免許)を取得しているものと見なされ、改正以前の普通自動車免許と同じ範囲内の自動車を、そのまま運転可能である。
 
税制面では[[1989年]](平成元年)の改正で、乗用車の[[物品税]]が廃止され、[[消費税]]の導入と共に、[[自動車税]]も排気量を基準に改められ、[[小型自動車]]との区分けが無くなった<ref>[http://www.7cartax.com/a3-3.html 知っておいた方が良いこと|自動車税.com]</ref>。
== 関連項目 ==
*[[小型自動車]]
*[[準中型自動車]]
*[[中型自動車]]
*[[大型自動車]]
57

回編集