「コウゾ」の版間の差分

m
少し追加。
m (cat)
m (少し追加。)
[[画像:W kouzo4041.jpg|right|200px]]
 
'''コウゾ'''(楮)[[春]]の[[クワ科]]の植物。ヒメコウゾ([[学名]]''Broussonetia kazinoki '')を指してコウゾとする場合もあるが、ヒメコウゾとカジノキ(Broussonetia''B. papyrifera '')の雑種であるという説もある。[[和紙]]の原料としても使われている。
 
コウゾは落葉低木で、厳密にはカジノキとは異種のものであり、楮の字を用い、カジノキには穀、梶、構の字をあてているが識別は容易ではない。
楮の皮の繊維を蒸して水にさらし、細かく割いて作った糸を'''木綿'''(ゆう)と言う。同じ字の木綿(もめん。[[綿]]の繊維)とは別のものである。[[神道]]の祭事に用いられるが、後に紙で作られた[[紙垂]]も用いられるようになった。
 
[[Category:クワ科|こうそ]]
[[Category:農作物|こうそ]]
[[Category:繊維|こうそ]]