「江戸四大飢饉」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
'''江戸四大飢饉'''(えどよんだいききん)とは、[[江戸時代]]に起きた、長期にわたる冷害・干ばつ・水害などの天候不順や害虫の異常発生、火山噴火などでの凶作の連続による[[飢饉]]の内、最も被害の甚大であったものをいう。
 
四大飢饉と呼ばれる飢饉は以下の通り。
4,924

回編集