「腹当」の版間の差分

[[鎌倉時代]]から[[室町時代]]の日本の鎧の中でも、最も簡略化された形をしている。軽やかな形状を持つ[[腹巻]]や[[胴丸]]よりもさらに簡易な鎧で、胸部と腹部を覆う胴鎧に小型の草摺を前と左右に3間垂らした形状で、着用者の胴体の前面及び側面腹部のみ保護する構造となっている([[剣道]]の[[防具 (剣道)|防具]]の「胴」と「垂」に類似)。軽量で着脱は容易であるが、防御力は低い。のちに腹当の胴体を防御する部分が背部まで延長し、腹巻に発展していったと考えられている。
 
文献などから[[鎌倉時代]]ごろに、主に下級兵卒用の鎧として発生したとみられ、[[室町時代]]の後半には軽武装として広く使われるようになった。その軽量さから、上級武士や[[僧兵]]が護身用として衣装の下に着込むなど現代の[[防刃ベスト]]に通ずる使い方もされたため「着籠腹当(きごめはらあて)」、「着籠(きごめ)」という名称も生じた。また腹当も略して「当(あて)」とも呼ばれるようになった。[[江戸時代]]には復古調の鎧として復元・作成されたほか、[[当世具足]]の形式を取り入れた物、脇腹の部分も省略された前一枚のみの物、[[兜]]や[[小具足]]をも完備させた腹当具足などが作成されることもあった。
 
[[当世具足]]においても、「前懸具足(まえかけぐそく)」・「番具足」などと呼ばれる腹当の様式に似た簡易構造の一枚胴が作られ、足軽によって用いられた。[[江戸時代]]には復古調の鎧として復元・作成されたほか、[[当世具足]]の形式を取り入れた物、脇腹の部分も省略された前一枚のみの物、[[兜]]や[[小具足]]をも完備させた腹当具足などが作成されることもあった。
[[ファイル:Hara-ate karuta tatami dou.JPG|thumb|骨牌金(かるたがね)を使って製作された腹当式の畳具足]]
 
[[ファイル:Hara-ate karuta tatami dou.JPG|thumb|骨牌金(かるたがね)を使って製作された腹当式の畳具足]]
現在のところ実物は、[[平戸藩]][[松浦氏]]伝来のものとして、素懸[[縅|威]]の腹当([[松浦史料博物館]]・蔵)等が残されているが、多くが低級な消耗品であったため、江戸期の復古調以前の作品現存数は少ない。また『[[十界図]]』や『[[法然上人絵伝]]』などの[[絵巻物]]にもその姿が見られる。