「立木」の版間の差分

 
== 日本法における立木 ==
[[ファイル:Narita Airport and community histrical museum.jpg|thumb|right|写真右:[[成田国際空港|新東京国際空港]]の[[成田空港問題|反対運動]]([[三里塚闘争]])時に用いられた立ち木トラストの看板(成田空港 空と大地の歴史館)]]
日本においては、一般に言う立木(たちき)・樹木のうち、[[立木ニ関スル法律]](立木法、りゅうぼくほう)の適用対象となるものを立木(りゅうぼく)と定義している。立木法では、立木とは「一筆の土地又は一筆の土地の一部分に生立する樹木の集団で、その所有者が本法により所有権保存の[[登記]]を受けたるもの」のことをいうと定義する。
 
1,906

回編集