「ソニン (清)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
[[ヌルハチ]](太祖)、[[ホンタイジ]](太宗)に従い、各地を転戦した。[[漢文]]、[[満州語]]、[[モンゴル語]]に通じていたので、通訳としても重要な役割を担った。1644年([[順治]]元年)に[[ドルゴン]]に従い入閣。のちドルゴンに従わなかったとの理由で爵位を下げられたが、1651年(順治8年)に順治帝が親政をはじめると、二等子(jai jergi jingkini hafan)の爵位を与えられ、内大臣(dorgi amban)及び議政大臣(hebei amban)の職に就き、内閣府を総括した。
 
1661年に[[順治帝]]が没し[[康熙帝]]が即位すると、先帝の遺詔により、幼い皇帝の補佐として、[[スクサハ]]、[[エビルン]]、[[オボイ]]とともにソニンが輔政大臣に選ばれ、かつその筆頭格とされた。4人は利権を巡って対立しつつも、ソニンの力によって微妙な均衡を保っていた。ソニンが輔政大臣の時期には、満州時代からの功臣として、[[明朝]]以来の「[[内閣]]」「[[十三衙門]]」等を国初の「[[内三院]](bithe i ilan yamun)」「[[内務府]](booi)」に改めるなど、国粋主義的な政策を推し進めた。1667年([[康煕]]6年)にソニンは一等公(uju jergi gung)を授けられたが、その年に病没した。ソニンが死んだ後、まもなくオボイが朝廷の覇権を握るようになった。
 
康熙年間の重臣[[ソンゴトゥ]]はソニンの息子である。また、孫(別の息子の娘)の[[孝誠仁皇后]]が[[康熙帝]]の皇太子[[愛新覚羅胤ジョウ|胤礽]]を産み、ソンゴトゥが教育していたが、後にソンゴトゥとともにクーデターを起こして廃太子された。
<!--
== 脚注 ==
{{デフォルトソート:そにん}}
[[Category:清代の人物]]
[[Category:後金の人物]]
[[Category:赫舎里氏]]
[[Category:1601年生]]