「複合選抜」の版間の差分

 
=== メリット ===
*[[推薦入学|推薦入試]]と二次募集まで含めると最大4回(4(3校)の公立高校の合否判定を受検するチャンスが生じるので学校選択の幅が広がる。
*すべての公立高校で推薦入試を実施し、一般入試でも調査書の占める割合が依然として低くないことから、学力のみによる単純な選抜が行われないよう配慮されている。
*普通科高校を学区・群・グループに分割し、かつ一見不均衡な学校配置をした上で2校受検を可能にすることで、特定高校の入試難易度、進学実績等での極端な突出を防止している。
392

回編集