「複合選抜」の版間の差分

m
脚注の再利用
m (脚注の再利用)
 
== 選抜制度の特徴 ==
*複合選抜では、合格者は学校単位で決めるが、A・Bふたつの入試日程があり、各日程毎に1校ずつ学校を選択できる。もちろんひとつの日程、1校のみを受検することも可能である。さらに[[推薦入学|推薦入試]]と二次募集まで含めると最大4回(3校<ref name="a">平成29年度入試より、推薦入試と一般入試の日程が統合され、推薦入試に落ちても一般入試で志願校を変更できなくなった。</ref>)の公立高校の合否判定を受けるチャンスが生じる。
*各日程で受検できる高校はあらかじめ決められており、各日程のグループが形成されている。さらに[[普通科 (学校)|普通科]]は学区単位で2つの群に分割されている([[尾張国|尾張]]学区から二つと[[三河国|三河]]学区から1つの群があり、愛知県全体では3つの群がある)ので、'''普通科高校2校を受検する際は原則として同一の学区・群に属する別々の入試日程の2校を選択することになる'''。ちなみに普通科高校1校のみを受検する場合は、尾張・三河の二大学区制下の単独選抜と実質的に同じこととなる。なお、学区内の2つの群の両方に属する'''1・2群共通校'''が新設され、受検できる高校の組み合わせの選択肢が増えた([[複合選抜#平成19年度入試からの一部改正|平成19年度入試からの一部改正]])。
*[[専門学科]]・[[総合学科]]と普通科の組み合わせ、専門学科・総合学科同士の組み合わせでの受検も可能であり、専門学科・総合学科については別々の入試日程であれば全県の公立高校を2校受検することができる(専門学科・総合学科には学区・群が最初から設定されていない)。また尾張地方と三河地方の境界に位置する自治体などは'''調整区域'''として、自治体の属する学区でない別の学区の一部の高校を受検の選択肢に加えることも可能である。
 
=== メリット ===
*[[推薦入学|推薦入試]]と二次募集まで含めると最大4回(3校<ref name="a"/>)の公立高校の合否判定を受けるチャンスが生じる。
*すべての公立高校で推薦入試を実施し、一般入試でも調査書の占める割合が依然として低くないことから、学力のみによる単純な選抜が行われないよう配慮されている。
*普通科高校を学区・群・グループに分割し、かつ一見不均衡な学校配置をした上で2校受検を可能にすることで、特定高校の入試難易度、進学実績等での極端な突出を防止している。
392

回編集