「ツープラトン」の版間の差分

編集の要約なし
 
=== 投げ技 ===
; ハイジャック式[[パイルドライバー]]
: コーナー付近で、1人が[[パイルドライバー#ドリル・ア・ホール・パイルドライバー|ドリル・ア・ホール・パイルドライバー]]の状態で持ち上げ、もう1人がコーナーに登り、コーナー上から相手の両足を掴み、そのまま飛び降りる。その勢いを利用して、もう1人がパイルドラーバーを仕掛ける。
; [[ブレーンバスター]]
; [[バックドロップ]]
: 2人同時に相手に組み付いて、協力して持ち上げてバックドロップを仕掛ける。
; [[チョークスラム|喉輪落とし]]
: 2人同時に相手に組み付いて、協力して持ち上げて喉輪落としを仕掛ける。
; スーパー・[[パワーボム]]
: 1人がコーナーに立ち、もう1人(あるいは2人が)相手を逆さまにしてコーナー上の1人に渡す。コーナー上の者はパワーボムの体勢で飛び降り、そのとき下の者が力を添えて協力する。
; 3D([[ダッドリー・デス・ドロップ]]
: 相手をロープに振り、返ってきたところを1人が正面から相手を捕まえて上空に放り上げ、下半身の辺りを抱え込む。その相手の頭部を、もう1人が助走を付けて空中で両手で掴んで、[[エース・クラッシャー#新型(改良型)|エース・クラッシャー]]の形で倒れ込みながら、もう1人もそれに合わせて倒れ込み、相手を顔面からマットへ叩きつける。
; バックドロップ喉輪落とし・チョークスラム
: 1人がバックドロップで担ぎ上げた時に、もう1人が喉輪落としチョークスラムの要領で相手の首を掴み、バックドロップで相手を倒すと同時に、それに合わせて喉輪落としをかけるように相手を押し倒す。
; 眉山
: 1人が相手の背後から[[ジャーマン・スープレックス]]の体勢で抱え込む。そして、もう1人がその背後から味方をジャーマン・スープレックスの体勢で抱え込み、そのまま後方へジャーマン・スープレックスで投げ捨てる。そのため、味方ごと相手も投げ捨てることになり、通常のジャーマン・スープレックスよりも高い角度で決める事ができる。反面、味方にもダメージが及ぶ欠点がある。
=== 合成技(打撃+投げ) ===
; ダブル・インパクト
: ツープラトン技の代表格。1人が相手を[[肩車]]で担ぎ上げたところへ、もう1人がコーナー上から相手をめがけて[[ラリアット#派生技|ダイビング・ラリアット]]を喰らわせ同時に後方へ投げ捨てる。派生用法も多い。
 
== 関連項目 ==