「菊地恭一」の版間の差分

編集の要約なし
|年俸 =
|経歴 =
* [[東洋大学附属牛久中学校・高等学校|東洋大学附属牛久高等学校]]
* [[東芝硬式野球部|東芝]]
* [[横浜DeNAベイスターズ|横浜大洋ホエールズ]] (1982 - 1987)
|選出国 =
|選出年 =
 
==来歴・人物==
[[東洋大学附属牛久中学校・高等学校|東洋大牛久高]]では、[[1972年]][[全国高等学校野球選手権茨城大会|夏の甲子園県予選]]を勝ち抜き、東関東大会準決勝に進む。先発投手として[[千葉県立銚子商業高等学校|銚子商]]の[[根本隆]]と投げ合うが惜敗。
 
卒業後は[[東芝硬式野球部|東芝]]に入社。[[都市対抗野球]]の常連として活躍し、[[社会人ベストナイン]]にも2度選出される。[[1978年]]の[[第49回都市対抗野球大会|都市対抗]]では3本塁打を放ち、チームの優勝に貢献。同年、当時の[[千葉ロッテマリーンズ|ロッテオリオンズ]]からドラフト2位指名されたが入団を拒否。この時の3位指名が[[落合博満]]だったが、社会人時代は[[東芝府中硬式野球部|同じ会社の別事業所チーム]]所属だった落合よりも評価が高かった。[[1981年]]の[[第52回都市対抗野球大会|都市対抗]]でも2試合連続本塁打を放ち準優勝。同年、当時の[[横浜DeNAベイスターズ|横浜大洋ホエールズ]]からドラフト2位指名され「(1981年にパ・リーグ首位打者を獲得した)落合さんがあれだけやれるなら」とプロ入りを決意する。
|-
|style="text-align: center;"|{{by2|1982}}
|rowspan="3" style="text-align: center;"|[[横浜DeNAベイスターズ|大洋]]
|22||22||22||2||3||1||0||0||4||0||0||0||0||0||0||0||0||7||0||.136||.136||.182||.318
|-
匿名利用者