「アントナン・アルトー」の版間の差分

編集の要約なし
 
1936年、[[アイルランド]]旅行中に精神病院に収監され、1947年に退院するが、その体験を後に告発した。『[[フィンセント・ファン・ゴッホ|ヴァン・ゴッホ]]』で[[サント・ブーブ賞]]受賞。その思想は[[ジル・ドゥルーズ|ドゥルーズ]]や[[ジャック・デリダ|デリダ]]に影響を与え、その演劇論は[[ピーター・ブルック]]らに受け継がれる。
 
==バーチャル・リアリティ==
[[バーチャル・リアリティ]](virtual reality)という単語はは元々アルトーが造語<ref>Antonin Artaud, "The Alchemical Theater", '''in ''The Theater and its Double'', trans. Mary Caroline Richards, New York: Grove Press, 1958, p. 49, emphasis in original. See also [[Samuel Weber]], ''"'The Virtual Reality of Theater': Antonin Artaud", in ''Theatricality as Medium'', New York: Fordham University Press, 2004, pp. 277-94.</ref>した芸術用語であったが、「バーチャル・リアリティの父」<ref>Savage, Emily (2010-10-20). "Renaissance man: Berkeley resident is a musician, a Web guru and the father of virtual reality". j. the Jewish news weekly of Northern California. Archived from the original on 2011-03-06.</ref><ref>Appleyard, Bryan (2010-01-17). "Jaron Lanier: The father of virtual reality". The Sunday Times. Archived from the original on 2011-03-06.</ref>と呼ばれる[[:en:Jaron Lanier|ジャロン・ラニアー]]らにより仮想現実を意味する言葉として援用された。
 
==日本語訳された著作==
7,430

回編集