「ブラジル」の版間の差分

m
bot: 解消済み仮リンクミナスの陰謀を内部リンクに置き換えます
(106.139.8.3 (会話) による ID:63391684 の版を取り消し)
m (bot: 解消済み仮リンクミナスの陰謀を内部リンクに置き換えます)
 
その後、18世紀には[[ミナスジェライス州|ミナスジェライス]]で金鉱山が発見されたためにゴールドラッシュが起こり、ブラジルの中心が{{仮リンク|北東部 (ブラジル)|en|Northeast Region, Brazil|label=北東部}}から{{仮リンク|南東部 (ブラジル)|en|Southeast Region, Brazil|label=南東部}}に移動し、1763年には[[リオデジャネイロ]]が植民地の首都となった。ゴールドラッシュにより、18世紀の間に実に30万人のポルトガル人がブラジルに移住し、金採掘のためにさらに多くの黒人奴隷が導入された。一方でミナスの中心地となった[[オウロ・プレット]]では独自の[[バロック]]文化が栄えた。
[[ファイル:Julgainconfidentes2.jpg|thumb|{{仮リンク|[[ミナスの陰謀|en|Inconfidência Mineira}}]]。このブラジル初の独立運動では、首謀者の内最も身分の低かったチラデンテスのみが処刑された。]]
[[バンダ・オリエンタル]]を巡るスペインとの衝突の後、18世紀末には[[啓蒙思想]]がヨーロッパから伝わり、[[フランス革命]]や[[アメリカ独立革命|アメリカ合衆国の独立]]の影響もあり、[[1789年]]にはポルトガルからの独立を画策した「{{仮リンク|[[ミナスの陰謀|en|Inconfidência Mineira}}]]」が密告によって発覚し、首謀者のうち最も身分の低かった[[チラデンテス]]が全ての罪をかぶせられ処刑された。
 
その後、[[ハイチ革命]]の影響もあって[[クレオール]]{{要曖昧さ回避|date=2014年6月13日}}白人や[[ムラート]]、クレオール黒人(クリオーロ)による独立運動が進むが、植民地時代にブラジルに[[大学]]が設立されなかったなど知的環境の不備により、ブラジルの独立運動は一部の知識人の「[[陰謀]]」に留まり、大衆的な基盤を持つ「[[革命]]」にはならなかった。このことは、ブラジルと[[イスパノアメリカ]]諸国の独立のあり方の差異に大きな影響を与えた。
308,005

回編集