「複合選抜」の版間の差分

*志願変更は1校のみ認められており、たとえ1校受検(単願)であっても、群を変更することはできない。よって、'''他都道府県の単独選抜よりも、志願変更に大きな制約がある、強く制限されている。'''出願締切後の志願変更は、非常に限られたケースに留まり、著しく低調である。(例:たとえ1校受検(単願)であっても、尾張1群の旭丘高校から、尾張2群の一宮高校へ志願変更はできない。尾張2群の一宮高校から、尾張1群の一宮西高校への志願変更もできない。)
*'''第二志望校に合格してしまうと、たとえ第一志望校で入学辞退者が出ても、繰上げ合格の対象にならない。'''入学辞退の影響は、1つの高校にとどまらず、複合選抜の二校受験の組み合わせのピラミッドの末端まで連鎖し、辞退者数の何倍もの受験生の合否に影響する。したがって各中学校では、入学意思のない公立高校を受検しないよう、合格したからには入学辞退はしないよう、非常に強い指導が行われている。
*'''二次募集には、県内の国立・公立・私立高校のいずれかを受検して、いずれの高校にひとつも合格していかった生しか出願できない。'''よって出願は著しく低調で、定員割れを起こした公立高校の大半は、定員割れしたままである。
*愛知県の場合、[[調査書 (進学と就職)|調査書]](いわゆる内申書)の入試に占める比率が高く調査書重視の傾向があるが、各日程による調査書と[[入学試験]]の配点比率の差がないため、複合選抜が単に「[[学校群制度|学校群]]潰し」としての役目しか果たしておらず、真の長所が生かされていないきらいがある(※この点は平成16年度入試以降の選抜方法の変更により一部改善された)。
*調査書の評定の評価方法が[[相対評価]]から[[絶対評価]]になったため、平成16年([[2004年]])には、強気で臨んだ受検生が志願した2校とも不合格になるケースが多数発生し、それまで長く殆どゼロだった[[過年度生|中学浪人]]が発生した。
392

回編集