「発生主義」の版間の差分

意味もなく情報量を減らさないでください。
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(意味もなく情報量を減らさないでください。)
'''発生主義'''(はっせいしゅぎ、{{lang-en-short|accrual basis}})とは[[会計]]原則の一つで、[[現金]]の収入や支出に関係なく、経済的事象の発生または変化に基きその時点で[[収益]]または[[費用]]を計上しなければならないとするもの。収益と費用を現金の受け渡しの時点で認識する会計原則である「[[現金主義]]」と対比される概念である。これを用いた会計手法は通常、'''発生主義会計'''や'''現金主義会計'''と呼ばれる。
 
== 概要 ==