「平城宮」の版間の差分

編集の要約なし
m (link修正)
編集の要約なし
[[画像:Heijyoukyou Suzakumon.jpg|thumb|240px|朱雀門(復元)]]
'''平城宮'''(へいじょうきゅう)は[[710年]]に遷都した[[奈良]]の都[[平城京]]の大内裏。[[平城京]]の北端に置かれ、[[天皇]]の住まいである内裏と、儀式を行う朝堂院、役人が執務を行う官衙(役所)から成り、約120haを占めていた。
 
[[平安京]][[遷都]]後は放棄され、農地となっていた。明治時代に建築史家、[[関野貞]]が田んぼの中にある小高い芝地が大極殿の基壇であることを発見、'''平城宮跡'''(へいじょうきゅうせき)は1922年に国の[[史跡]]に指定された(後に[[特別史跡]])。
匿名利用者