「原子価」の版間の差分

編集の要約なし
m (悪戯編集を差し戻し)
'''原子価'''(げんしか)とはある[[原子]]が何個の他の原子と結合するかを表す数である。学校教育では「手の数」や「腕の本数」と表現することがある。
 
中学高校で化学を学習する初期、もしくは初心者に対して「"手"の数」と解説されるものである。[[元素]]によっては複数の原子価を持つものもあり、特に[[遷移金属]]は多くの原子価を取ることができるため、多様な酸化状態や反応性を示す。
 
== 歴史 ==
匿名利用者