「ニコル・アマルフィ」の版間の差分

* 摩味が渡米で一時期休業していた時期に代役を務めた朴璐美も、番組が始まる以前にニコル役のオーディションを受けていた。
* ゲーム『[[スーパーロボット大戦W]]』では、条件を満たせば生き残ってプレイヤー部隊に加入し、キラと友人になる。その際、キラとアスランの間に決定的な溝を作る原因となったもう1人の人物である[[機動戦士ガンダムSEEDの登場人物#トール・ケーニヒ|トール・ケーニヒ]]も[[機動戦士ガンダムSEED ASTRAYシリーズの登場人物#叢雲劾(ムラクモ・ガイ)|叢雲劾]]に助けられて生き残っており、[[機動戦士ガンダムSEEDの登場人物#マルキオ導師|マルキオ導師]]の元で揃って治療を受けていた。この際のトールとの出会いが、ニコルの考えを大きく変えることになる。
* ゲーム『[[機動戦士ガンダムSEED 終わらない明日へ]]』ではムウからその外見から軍人である事に嘆息される傍らでキラとは気が合い、バルトフェルドからは「クルーゼ隊にしては良い目」と好印象を与える。また、その立ち位置からファンによる二次創作ストーリーでは生存していた場合はDESTINY時間軸も含めてアークエンジェルと共に戦うストーリーを描写する作品が見られる。
 
== 主な搭乗機 ==
匿名利用者