「重松省三」の版間の差分

編集の要約なし
|ドラフト順位 =
|初出場 = 1962年
|最終出場 = [[1975年]]
|年俸 =
|経歴 =
 
== 来歴・人物 ==
[[愛媛県立今治西高等学校|今治西高校]]から卒業後は[[松山大学|松山商科大]]進学し、[[西部地区大学野球連盟|西部地区連盟]]代表として、2年生時の[[1959年]]から34連続で次の[[1961年]]にかけて[[全日本大学野球選手権大会|日本選手権]]に3年連続出場を果たが、いずれも初戦敗退に終わる。大学卒業後の[[1962年]]に[[西濃運輸硬式野球部|西濃運輸]]入社し、主に4・5番を打って春の選抜大会に出場[[1962シュアな中距離打者として注目を集め、同]]の[[第33回都市対抗野球大会|都市対抗]]に出場。大会終了後の[[8月]]に退社して[[横浜ベイスターズ|大洋ホエールズ]]へ入団し、[[8月11日|11日]]の[[東京ヤクルトスワローズ|国鉄]]戦([[川崎球場|川崎]])で初出場。[[8月30日|30日]]の国鉄戦([[後楽園|後楽園]])で3番手登板の[[金田正一]]から初安打を記録。[[1963年]]に一軍に定着し、[[1964年]]には一番・中堅手の定位置を獲得。同年は打率.296(7位)・15本塁打の記録を残し、[[ベストナイン (日本プロ野球)|ベストナイン]]に選出された。その後も長くチャンスメーカーとしての役割を果たし、[[1970年]]・[[1971年]]には[[規定打席]]に到達している。[[1975年]]限りで現役引退
 
都市対抗出場後に[[横浜ベイスターズ|大洋ホエールズ]]へ入団。[[1963年]]に一軍に定着し、[[1964年]]には[[中堅手]]、一番打者の定位置を獲得。同年は打率.296(7位)、15本塁打の記録を残し、[[ベストナイン (日本プロ野球)|ベストナイン]]に選出された。その後も長くチャンスメーカーとしての役割を果たし、[[1970年]]、[[1971年]]には[[規定打席]]に到達している。[[1975年]]限りで現役引退。
 
その後は大洋に残り[[1976年]]は一軍コーチ、[[1977年]]は二軍外野守備・走塁コーチ、[[1978年]]から[[1979年]]まで二軍打撃コーチ、[[1980年]]から[[1986年]]までスカウト、[[1987年]]から[[1988年]]まで再び二軍打撃コーチを務め、[[1989年]]からフロント入りした。