「雪崩ビーコン」の版間の差分

編集の要約なし
(ビーコン発明の歴史について出典を追加し、少し加筆しました。)
初期の雪崩ビーコンは2.275kHzの周波数を利用していた<ref name=wildsnow />。1986年に457kHzの周波数が国際規格になった<ref name=ASTM />。数多くのメーカーがこの基準に適合したビーコンを製造している。
 
雪崩ビーコンは雪崩被害を防止する物ではないが、雪の下に埋められている時間を短縮することができる<ref name=BCAresearch />。
 
==歴史==
記録に認めることができられる範囲内では、ベヘラーという名のスイスのエンジニア(F. Bächler)が1940年に考案した、発信機の周波数を150kHzに合わせ、10メートル離れた受信機を探すというアイデアが、雪崩ビーコンとみなせるデバイスに関する最も古いアイデアである<ref name="Martinez2013" />。ベヘラーの装置の基礎には「[[海賊放送]]」が行われている場所の角度を測定する技術があった<ref name="Martinez2013" />。ベヘラーはこれを冬山の危険にさらされる軍人たちのために開発した<ref name="montagne-secu.com" />。つまり軍事用であったが、実用化されずに終わった<ref name="montagne-secu.com" />。彼のアイデアは1964年に他のスイスの研究者、ヴァリアンとフェルスターが磁力を用いて実施した<ref name="Martinez2013" />。彼らのシステムは靴の表面に磁力を発生させるシステムを固定し、磁気を検知することで同システムの場所を特定するものであったが、測定可能な距離が2.0から2.5メートルを越えることはなかった<ref name="Martinez2013" />。
 
1968年に[[バッファロー (ニューヨーク州)|ニューヨーク州バッファロー]]にある{{仮リンク|Cornell Aeronautical Laboratory|en|Cornell Aeronautical Laboratory|label=コーネル航空研究所}}でジョン・ルートン博士が最初の実用的な雪崩ビーコンを発明し<ref name=Alpenglow />、北欧神話に出てくる女神の名を取り、Skadi([[スカジ (北欧神話)|スカジ]])のブランド名で1971年に販売した<ref name=Alpenglow />。2.275kHzで動作し、ラジオ信号に変換して人の耳で聞くことができた。最も大きな音を追い、グリッド捜索の手法で利用者は埋められたビーコンの場所を特定することができた。<ref name=wildsnow />
 
1986年に{{仮リンク|Internationale Kommisia fur Alpines Rettingwesen|en|Internationale Kommisia fur Alpines Rettingwesen|label=国際山岳救助連盟IKAR}}が457kHzの周波数を採用した。1996年に[[ASTMインターナショナル|ASTM]]が457kHzの標準を採用した。
 
===デジタル式===
デジタル式は信号の強さと発信されるダイポールフレックスパターン<!-- the emitted dipole flux pattern -->を基にして埋められたビーコンの距離と方向を計算する<ref>ISSW 2000</ref>。ダイポールフレックスパターンを計算するため、デジタル式ビーコンは最低2つのアンテナを持つ必要があるが、最近のビーコンは3つのアンテナを持っている。デジタル式ビーコンはディスプレイに埋没者がいる方向を矢印で示し、音の速さや高さでも距離を示す。ローエンドやミドルクラスのビーコンは画面に5~8方向しか示すことができず、反対側に被害者がいる場合はUターンするよう示される<ref name=BeaconReviews />。Mammut® Pulse BarryvoxやArva® Linkなどのハイエンドのビーコンはデジタルコンパスに自由な角度で動く矢印を表示でき、パルスとパルスの間でも方向を維持する(この機能はデジタルコンパスや高度な加速器がなければ実現できない)。さらに大半のハイエンド機では被害者を360度示すことができ、利用者が逆を向いていても後ろ側を示すことができる<ref name=BeaconReviews/>。また多くのデジタル式ビーコンでは上級者向けや捜索範囲を広げるためのアナログモードも備えている。
 
==W-Link==
一部のデジタル式ハイエンドビーコンにはW-Linkと呼ばれる「補助的」な電波を備えている<ref name=BeaconReviews />。この電波はW-Linkに対応した他のビーコンに追加の情報を伝えることができられる。W-Linkには以下のような各メーカー共通の機能がある<ref name=Arva />。
 
* 複数の人が埋没した場合にビーコン1台1台を区別する機能。
 
===生命反応の検出===
W-Linkによりビーコンは複数台の信号を区別することができ、上記の機能を実現するのに役立っている。Mammut® Pulse Barryvoxのような一部のビーコンは心臓が生み出す筋肉の動きなどを検知することができる。これらのビーコンはW-Linkを使って情報を送信し、W-Linkに対応したビーコンを持つ他のユーザーは埋められた被害者がまだ生きているかどうかを判断して、救出の優先順位を決める[[トリアージ]]を行うことができる<ref name=Mammut />。W-Linkに対応したビーコンを持つチームのメンバーが雪崩に巻き込まれた場合、残った人たちが生きている人の救出を優先し、メンバーの救出に集中できるようにすることがこの機能の目的である。
 
生体反応検知機能のないビーコン(W-Link機能のないローエンドのビーコン、またはW-Linkを搭載しているが生体反応検知機能がないビーコン)を持つメンバーがいる場合、W-Linkを搭載したビーコンを持つ救助者には2つのインディケーターが表示される。1つは被害者のビーコンがW-Linkのデータを送信していることを示し、もう1つは被害者が動いていることを示す。ビーコンが生体反応情報を送信しないため、生存反応があるという表示がないことにより、被害者が死亡していると誤解してしまうリスクをこれにより緩和することができる。
 
===W-Linkの問題===
W-Linkには被害者の個人情報を表示する機能があるが、W-Link対応ビーコンには個人情報を表示しないという暗黙のルールがある。生存の可能性が高い被害者が近くにいるにもかかわらず、他の人を恣意的に優先して救出してしまう問題をこれにより排除することができる。埋まっている人が誰であるのかということを特定せず、誰を救出するべきかという決定を救出者任せにしないことにより、救出者が恣意的な選択をしたとして批判を浴びることを防ぐことができる<ref name=ArvaLinkManual />。W-Linkの生体反応送信機能は、たとえ[[個人情報]]を提供しなかったとしても、W-Link機能があるビーコンを持つ被害者と持たない被害者との間に差別が生じるため公平な救出活動を難しくするという点で特に批判がある。高級機または最新機種を持つ被害者の救出活動が優先され、公平に救出されるチャンスを失うことにつながると批判されている。このためビーコンメーカーのArva Equipmentは同社のLinkシリーズでは生体反応情報を受け取っても表示させないという選択をした<ref name=ArvaLinkManual />。例として次のようなW-Link批判がある:
 
<blockquote>4人のグループが雪崩の危険がある奥地へのツアーへ行く。ある夫婦はいずれもW-Linkの生体反応検知機能を持つビーコンを所持していた。彼らは前日に別の2人と出会い合流した。この2人のうちの1人は基本的な機能を持つデジタルビーコンを持ち、もう1人はW-Linkに対応しているものの生体反応データ送信機能を持たないビーコンを持っていた。ツアーの最中に3人が雪崩に閉じ込められ、夫婦の内の夫が取り残され、救出することになった。かれはすぐにビーコンを使って3人の被害者の場所を特定した。ディスプレイには正面の10~12メートル先に2つのビーコンが表示され、1つはW-Linkの反応があり、もう1つは普通のシグナルのみだった。また33メートル後ろにはW-Linkで生体反応が送られており、生きていることが示されていた<ref name=BeaconReviews /> 。</blockquote>
 
この状況において、各ビーコンは名前を表示していないが、3人の被害者を区別することが可能である。彼の妻は33メートル後方におり、残りの2人は近くにいて、お互いの場所も離れていない。夫は他人の2人を危険に晒して妻を救うか、妻を見殺しにして他人の1~2人を救うかという選択に迫られる。もしこうした追加の情報がなければ救出者はまず近くの2人を救出するだろう。もし夫がこの選択をして妻が死亡した場合でも、妻を見殺しにしたという後悔に一生悩まされることがないかもしれない。
 
===周波数及び技術情報===
W-Linkの周波数は地域により様々である。'''リージョンAは869.8 MHz'''、'''リージョンBは916-926 MHz'''となっている<ref name=Mammut />。リージョンAはヨーロッパ大陸の大半やスウェーデン、ノルウェー、グリーンランド、アイスランドとその周辺諸国で利用されている。リージョンBはカナダや米国で使われている。ロシア、中国、インド、オーストラリア、ニュージーランド、日本など、アジアや東ヨーロッパなどではW-Linkの周波数は許可されていない。ユーザーは公認の販売店でリージョンを切り替えなければ、これらの国々を訪問した際に手持ちのビーコンでW-Linkを使うことができないかもしれない<ref name=Mammut />。
 
==捜索のテクニック==
匿名利用者