「滑石」の版間の差分

m
'''滑石'''(かっせき、talc、'''タルク''')は、[[水酸化マグネシウム]]と[[ケイ酸]]塩からなる[[鉱物]]で、[[粘土鉱物]]の一種である。
 
組成式は {{chem|Mg<sub>|3</sub>|Si<sub>|4</sub>|O<sub>|10</sub>|(OH)<sub>|2</sub>}} <!-- {{chem|H<sub>|2</sub>|Mg<sub>|3</sub>|(SiO<sub>|3</sub>|)<sub>|4</sub>}} または {{chem|Mg<sub>|3</sub>|Si<sub>|4</sub>|O<sub>|10</sub>}} -->である。[[蛇紋石]](Mg<sub>({{chem|Mg|3</sub>|Si<sub>|2</sub>|O<sub>|5</sub>|(OH)<sub>|4</sub>}})が熱水変質、あるいは[[苦灰石]](CaMg({{chem|CaMg(CO<sub>|3</sub>|)<sub>|2</sub>}})が接触変成してできる。
: <ce>{2Mg3Si2O5(OH)4} + 3CO2 -> {Mg3Si4O10(OH)2} + {3MgCO3} + 3H2O</ce>
 
: <ce>{3CaMg(CO3)2} + {4SiO2} + H2O -> {Mg3Si4O10(OH)2} + {3CaCO3} + 3CO2</ce>
: 2Mg<sub>3</sub>Si<sub>2</sub>O<sub>5</sub>(OH)<sub>4</sub> + 3CO<sub>2</sub> → Mg<sub>3</sub>Si<sub>4</sub>O<sub>10</sub>(OH)<sub>2</sub> + 3MgCO<sub>3</sub> + 3H<sub>2</sub>O
: 3CaMg(CO<sub>3</sub>)<sub>2</sub> + 4SiO<sub>2</sub> + H<sub>2</sub>O → Mg<sub>3</sub>Si<sub>4</sub>O<sub>10</sub>(OH)<sub>2</sub> + 3CaCO<sub>3</sub> + 3CO<sub>2</sub>
 
色は一般に白でろうそくの[[蝋]]や[[真珠]]のような光沢を持っているために、これを主成分とする岩石(後述)は[[ろう石]]と呼ばれることもある。微細な薄片状の[[結晶]]が集合し、固まっている産状を呈することが多く、大きな単結晶状態で産出することはまれである。不純物により灰色や緑色をしたものもある。
20,129

回編集