「アルデバラン」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
 
== 観測の歴史 ==
[[西暦]][[509年]]の[[3月11日]]、ギリシアの[[アテネ]]で、[[月]]によるアルデバランの[[食 (天文)|星食]]([[掩蔽]])[[観測]]された<ref>{{cite journal|bibcode=1885Obs.....8...86L|title=Occultation of Aldebaran in the sixth century. - Bliss, Astronomer Royal|journal=The Observatory|volume=8|pages=86|author1=Lynn|first1=W. T.|date=1885}}</ref>。[[1718年]]に[[イギリス]]の天文学者[[エドモンド・ハレー]]がその星食の記録を調べていると、アルデバランが数[[ (角度)|分]]、北に移動している事を発見した。よって、ハレーは恒星が長い年月をかけて移動していると結論付けた。これは[[固有運動]]と呼ばれ、後に[[シリウス]]と[[アークトゥルス]]でもそれが確認された。現在では、アルデバランは過去2000年間の間に、7分移動しており、これは[[満月]]の4分の1に相当する<ref>{{cite journal|bibcode=1717RSPT...30..736H|title=Considerations on the Change of the Latitudes of Some of the Principal Fixt Stars. By Edmund Halley, R. S. Sec|journal=Philosophical Transactions (1683-1775)|volume=30|pages=736|author1=Halley|first1=Edmund|year=1717|doi = 10.1098/rstl.1717.0025 }}</ref><ref>{{cite book|first1=Robert|last1=Burnham|title=Burnham's Celestial Handbook: An Observer's Guide to the Universe Beyond the Solar System|page=1810|volume=3|isbn=0486236730|publisher=Courier Corporation|url=https://books.google.com/books?id=tBQoCSRdLAAC&pg=PA1810|date=1978}}</ref>。また、1年間に0.2[[ (度)|秒角]]の速度で南南東に動いており、秒速54km54 kmで[[太陽系]]から遠ざかっていることが分かっている。
 
イギリスの天文学者[[ウィリアム・ハーシェル]]は、[[1782年]]にアルデバランから117秒離れた位置に11等の伴星らしき天体を発見した<ref name=CD>{{cite journal|title=Alpha Tauri CD - A well-known Hyades binary|last1=Griffin|first1=R. F.|journal=[[Publications of the Astronomical Society of the Pacific]]|issn=0004-6280|volume=97|date=September 1985|pages=858–859|doi=10.1086/131616|bibcode=1985PASP...97..858G}}</ref>。また、[[1888年]]に[[シャーバーン・バーナム]]は31秒離れた位置にある14等級の恒星とアルデバランを[[二重星]]として観測した。後の固有運動の測定から、ハーシェルが発見した恒星は、アルデバランと重力的に結合していない、見かけ上の二重星だと判明した。しかし、バーナムが発見した恒星は、アルデバランとほぼ同じ固有運動である事が判明し、アルデバランとは真の[[連星]]である事が示唆された<ref>{{cite book|first1=John Ellard|last1=Gore|title=Studies in astronomy|pages=107–109|chapter=Stellar Satellites|publisher=Chatto & Windus|date=1904|url=https://books.google.com/books?id=zAs6AAAAMAAJ&pg=PA107}}</ref>。
== 特徴 ==
[[ファイル:Aldebaran-Sun comparison-en.svg|thumb|right|200px|アルデバランと太陽の比較]]
アルデバランは、[[スペクトル型]]K5III型に属する。これは、[[橙色]]に輝く巨大な恒星である事を示しており、すでに[[主系列星]]の段階を終えている。[[ヘルツシュプルング・ラッセル図]](HR(HR)上でも、主系列の範囲から外れている。アルデバランが橙色をしているのは、[[核融合]]の燃料となる[[水素]]を使い果たして[[主系列星]]から[[赤色巨星]]に移行しているからであり、現在は[[ヘリウム]]を核融合させている段階である。そのヘリウムが凝縮される事によって、外側の水素が外側に膨張しており、現在、アルデバランは[[太陽半径]]の44.2倍まで膨張している<ref name="aldiam"/><ref>Richichi & Roccatagliata (2005) derived an angular diameter of 20.58±0.03 milliarcsec, which given a distance of 65 light years yields a diameter of 61 million km.</ref>。これは約6,100万kmに相当する。
 
[[ヒッパルコス衛星]]によって測定された[[年周視差]]の値に基づくと、アルデバランまでの距離は約65.3[[光年]](約20[[パーセク]])となる<ref name="Gatewood2008">{{cite journal|last1=Gatewood|first1=George|title=Astrometric Studies of Aldebaran, Arcturus, Vega, the Hyades, and Other Regions|journal=The Astronomical Journal|volume=136|issue=1|pages=452–460|date=July 2008|doi=10.1088/0004-6256/136/1/452|bibcode=2008AJ....136..452G}}</ref>。質量は、[[太陽質量]]の約50 %の誤差がある。光度は[[太陽光度]]の518倍にもなる[[変光星]]であり、肉眼で変光を確認するのは難しい。しかし、[[光電測光器|光電測光]]を用いなくても写真観測で僅かに変光するのが分かる。LB型の[[脈動変光星]]であり、0.75等から0.95等までわずかに明るさを変える{{R|GCVS}}。[[赤外線]]で観測したJバンドでの視等級は-2.1等で、これは[[ベテルギウス]](-2.9等)、[[かじき座R星]](-2.6等)、[[アークトゥルス]](-2.2等)に次いで明るい<ref>{{cite journal|bibcode=2003yCat.2246....0C|title=VizieR Online Data Catalog: 2MASS All-Sky Catalog of Point Sources (Cutri+ 2003)|journal=VizieR On-line Data Catalog: II/246. Originally published in: 2003yCat.2246....0C|volume=2246|author1=Cutri|first1=R. M.|last2=Skrutskie|first2=M. F.|last3=Van Dyk|first3=S.|last4=Beichman|first4=C. A.|last5=Carpenter|first5=J. M.|last6=Chester|first6=T.|last7=Cambresy|first7=L.|last8=Evans|first8=T.|last9=Fowler|first9=J.|last10=Gizis|first10=J.|last11=Howard|first11=E.|last12=Huchra|first12=J.|last13=Jarrett|first13=T.|last14=Kopan|first14=E. L.|last15=Kirkpatrick|first15=J. D.|last16=Light|first16=R. M.|last17=Marsh|first17=K. A.|last18=McCallon|first18=H.|last19=Schneider|first19=S.|last20=Stiening|first20=R.|last21=Sykes|first21=M.|last22=Weinberg|first22=M.|last23=Wheaton|first23=W. A.|last24=Wheelock|first24=S.|last25=Zacarias|first25=N.|year=2003}}</ref>。
 
<!-- The [[photosphere]] shows abundances of carbon, oxygen, and nitrogen that suggest the giant has gone through its first [[dredge-up]] stage—a normal step in the evolution of a star into a red giant during which material from deep within the star is brought up to the surface by [[Convection zone|convection]].<ref name="Ohnaka2013"/> With its slow rotation, Aldebaran lacks a [[Dynamo theory|dynamo]] needed to generate a [[corona]] and hence is not a source of [[X-ray astronomy|hard X-ray emission]]. However, small scale [[Stellar magnetic field|magnetic fields]] may still be present in the lower atmosphere, resulting from convection turbulence near the surface. (The measured strength of the magnetic field on Aldebaran is 0.22&nbsp;[[Gauss (unit)|G]].<ref>{{cite journal|display-authors=1|last1=Aurière|first1=M.|last2=Konstantinova-Antova|first2=R.|last3=Charbonnel|first3=C.|last4=Wade|first4=G. A.|last5=Tsvetkova|first5=S.|last6=Petit|first6=P.|last7=Dintrans|first7=B.|last8=Drake|first8=N. A.|last9=Decressin|first9=T.|last10=Lagarde|first10=N.|last11=Donati|first11=J.-F.|last12=Roudier|first12=T.|last13=Lignières|first13=F.|last14=Schröder|first14=K.-P.|last15=Landstreet|first15=J. D.|last16=Lèbre|first16=A.|last17=Weiss|first17=W. W.|last18=Zahn|first18=J.-P.|title=The magnetic fields at the surface of active single G-K giants|journal=Astronomy & Astrophysics|volume=574|id=A90|pages=30|date=February 2015|doi=10.1051/0004-6361/201424579|bibcode=2015A&A...574A..90A|arxiv=1411.6230}}</ref>) Any resulting soft X-ray emissions from this region may be attenuated by the [[chromosphere]], although ultraviolet emission has been detected in the spectrum.<ref name=apj598_1_610>{{cite journal|last1=Ayres|first1=Thomas R.|last2=Brown|first2=Alexander|last3=Harper|first3=Graham M.|title=Buried Alive in the Coronal Graveyard|journal=The Astrophysical Journal|volume=598|issue=1|pages=610–625|date=November 2003|doi=10.1086/378699|bibcode=2003ApJ...598..610A}}</ref>The star is currently losing mass at a rate of {{nowrap|(1–1.6) × 10<sup>−11</sup> M<sub>⊙</sub> yr<sup>−1</sup>}} with a velocity of {{nowrap|30 km s<sup>−1</sup>}}.<ref name="Ohnaka2013"/> This [[stellar wind]] may be generated by the weak magnetic fields in the lower atmosphere.<ref name=apj598_1_610/>
アルデバランは、夜空の中でも、見つけるのが最も簡単な恒星の1つである。[[オリオン座ガンマ星|オリオン座&gamma;星]]から[[プレアデス星団]]の中間に位置する。オリオン座の真ん中に並んでいる3つの星を、東から西に結んで延長していくと、最初に突き当たる明るい星がアルデバランである。
 
地球から見ると、アルデバランのすぐ傍に[[散開星団]]の[[ヒアデス星団]]が見える。[[双眼鏡]]でアルデバランを見ると、周囲にたくさんの星が輝いていて大変美しい。ヒアデス星団までの距離はアルデバランまでの倍以上の、約150[[光年]]とされているため、アルデバランはヒアデス星団のメンバーではなく、偶然重なっているように見えるだけだとされている。
 
[[黄道]]のすぐそばにあるため、毎年[[5月]]下旬から[[6月]]上旬には太陽がすぐそばを通り、この頃は地上からは全く観測することができない。同じように、惑星や月も頻繁にそばを通過する。時には月に隠されてしまう星食が起きることもある。1等星のなかで、月に隠されることがある恒星は、他に[[レグルス]]、[[スピカ]]、[[アンタレス]]がある。[[2015年]][[1月29日]]から[[2018年]][[9月3日]]までに49回、月による星食が起きる<ref name=konnen>{{cite journal|bibcode=1972JBAA...82..431K|title=Occultation series of five stars|journal=Journal of the British Astronomical Association|volume=82|pages=431|author1=Können|first1=G. P.|last2=Meeus|first2=J.|year=1972}}</ref>。[[北半球]]の中緯度地域では、[[12月]]上旬頃には、ほぼ一晩中アルデバランを観察することができる。また、春の夕方や、秋の明け方にも見えることができる。逆に[[オーストラリア]]や[[南アフリカ]]では、アルデバランの星食を観測する事は決して無い。アルデバランの直径は[[1978年]][[9月22日]]の星食中に測定された<ref>{{cite journal|title=Lunar occultation of the Hyades and diameters of Alpha Tauri and Theta-1 Tauri|last1=White|first1=N. M.|journal=[[The Astronomical Journal]]|volume=84|date=June 1979|pages=872–876|doi=10.1086/112489|bibcode=1979AJ.....84..872W}}</ref>。[[合 (天文)|合]]は毎年[[6月1日]]である<ref name="LASCO">{{cite web|date=2008|title=LASCO Star Maps (identify objects in the field of view for any day of the year)|publisher=Large Angle and Spectrometric Coronagraph Experiment (LASCO)|author=Star Maps created using XEphem|url=http://lasco-www.nrl.navy.mil/index.php?p=sky/starmap|accessdate=2012-06-01}} [http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/REPROCESSING/Completed/2012/c3/20120601/20120601_0930_c3_1024.jpg 2012 (with Venus and Mercury)] and [http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/REPROCESSING/Completed/2011/c3/20110601/20110601_0006_c3_1024.jpg 2011]</ref>。
 
=== 他言語での名称 ===
* [[ペルシア]]では、''Tascheter''と呼ばれていた。
 
* [[ギリシア]]では、''Palilicium''と呼ばれていた。
 
* 中世では、コル・タウリ({{lang|la|Cor Tauri}})とも呼ばれており、これは[[ラテン語]]で「牡牛の心臓」という意味である。現代[[英語]]では一般的にAldebaran (アルデバラン)、Alpha Tauri (アルファ・タウリ) と呼ばれる<ref>{{Cite web|url=http://www.britannica.com/place/Aldebaran|title= Aldebaran - star - Britannica.com |accessdate=2016-01-24}}</ref>。
 
* 中世イングランドの詩人[[ジョン・ガワー]]は、アルデバランを''Aldeboran''と記している<ref>Confessio Amantis VII.1310</ref>。
 
* [[中国]]では、{{lang|zh|[[:zh:畢宿五|畢宿五]]}}(''{{lang|zh-Latn|Bìxiùwŭ}}'')と呼ばれている。
<!-- *In [[Hindu astronomy]] it is identified as the [[Rohini (nakshatra)|lunar mansion Rohini]] ("the red one") and as one of the twenty-seven daughters of [[Daksha]] and the wife of the god [[Chandra]] (moon). -->
 
=== 神話 ===
肉眼でも簡単に観測出来るアルデバランは古代、現代においても、様々な神話でモデルとなっている。
* [[メキシコ]]: メキシコ北西部に居住する[[セリ族]]では、この星は7人の子(プレアデス星団を指す)を産んだ母として崇められている。''Hant Caalajc Ipápjö''、''Queeto''、そして、''Azoj Yeen oo Caap''という3つの名称で呼ばれている<ref>{{cite book |last1=Moser |first1=Mary B. |first2=Stephen A. |last2=Marlett |title=Comcáac quih yaza quih hant ihíip hac: Diccionario seri-español-inglés |url=http://lengamer.org/admin/language_folders/seri/user_uploaded_files/links/File/DiccionarioSeri2005.pdf |format=PDF|date=2005 |publisher=Universidad de Sonora and Plaza y Valdés Editores |location=Hermosillo, Sonora and Mexico City |language=Spanish, English}}</ref>。
 
* アボリジニ文化: [[オーストラリア]]の[[ニューサウスウェールズ州]]北西部に居住している[[アボリジニ]]では、この星は、別の男の妻を盗んだ先祖、''Karambal'' とされている。盗まれた妻の夫は、彼を追いかけ、彼が隠れていた木を燃やした。そして、彼は煙となり、空にアルデバランとなって輝いていると伝えられている<ref>{{cite book|page=30|url=https://books.google.com/books?id=BrQdF-uBCXgC |title=Aboriginal People and Their Plants|first1=Philip A.|last1=Clarke|publication-place=New South Wales|publisher=Rosenberg Publishing Pty Ltd.|date=2007}}</ref>。
 
== 惑星系 ==
20,316

回編集