「ジョン・モウブレー (第4代ノーフォーク公)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
第4代[[ノーフォーク公]]'''ジョン・モウブレー'''(John Mowbray, 4th Duke of Norfolk, [[1444年]][[10月18日]] - [[1476年]][[1月14日]])は、[[イングランド王国|イングランド]]の貴族である。第3代ノーフォーク公[[ジョン・モウブレー (第3代ノーフォーク公)|第3代ノーフォーク公ジョン・モウブレー]]とエレノア・バウチャー([[ー伯]]ウィリアム・バウチャーと[[アン・オブ・グロスター]]の娘)の一人息子として生まれた。
 
[[1451年]]に再創設された[[サリー伯爵|サリー伯]]に叙爵、[[1461年]]に死んだ父の後を継いで[[ノーフォーク公]]となり所領を継いだ。[[薔薇戦争]]では[[ヨーク朝]]のイングランド王[[エドワード4世 (イングランド王)|エドワード4世]]に従い[[ランカスター朝]]の掃討に務め、[[1462年]]は[[スコットランド王国|スコットランド]]から南下した[[マーガレット・オブ・アンジュー]]らランカスター派を[[ノーサンバーランド (イングランド)|ノーサンバーランド]]で迎え撃ち[[アニック・カースル|アニック城]]などを奪った。しかしエドワード4世に所領を狙われ、[[1465年]]に祖母キャサリンが王妃[[エリザベス・ウッドヴィル]]の弟ジョンと政略結婚させられている。それでもエドワード4世に従い続け、彼が弟の[[クラレンス公]][[ジョージ・プランタジネット (クラレンス公)|ジョージ・プランタジネット]]と[[ウォリック伯]][[リチャード・ネヴィル (第16代ウォリック伯)|リチャード・ネヴィル]]と対立した時はエドワード4世に味方したためウォリック伯に捕らえられたが、エドワード4世がウォリック伯を討ち取り権力を取り戻すと解放された<ref>ギース、P180 - P181、ロイル、P276、P297、P307、P321。</ref>。
[[1451年]]、再創設されたサリー伯位に叙爵された。さらに[[1461年]]に死んだ父の後を継いで[[ノーフォーク公]]となり、父の所領を継いで[[1469年]]9月にカイスター城([[:en:Caister Castle|Caister Castle]])を手に入れた。しかし、エリザベス・タルボット(初代シュルーズベリー伯[[ジョン・タルボット (初代シュルーズベリー伯)|ジョン・タルボット]]とマーガレット・ボーシャンの娘)と結婚したが、[[1476年]]にジョンが死んだ時、夫妻の間に息子がいなかったために公爵位は消滅し、広大な所領と財産は3歳の一人娘[[アン・モウブレー]]が相続、[[1478年]]にアンは[[エドワード4世 (イングランド王)|エドワード4世]]の次男[[リチャード・オブ・シュルーズベリー (ヨーク公)|リチャード]]と結婚した。
 
一方、[[ノーフォーク]]では[[ジョン・ファストルフ]]の遺産を巡り相続人達がいがみ合い、ノーフォーク公は片方のグループの誘いに乗り、もう一方のパストン家に圧力をかけた。[[1469年]]8月に{{仮リンク|カイスター城|en|Caister Castle}}を攻撃し始め、[[オックスフォード伯爵]][[ジョン・ド・ヴィアー (第13代オックスフォード伯)|ジョン・ド・ヴィアー]]とクラレンス公の仲介も無視して9月にカイスター城を奪い取った<ref>ギース、P208 - P210、P234 - P235、P248 - P263、ロイル、P293 - P294。</ref>。翌[[1470年]]にウィンチェスター司教{{仮リンク|ウィリアム・ウェインフリート|en|William Waynflete}}の仲介でカイスター城をパストン家へ返したが、[[1471年]]6月に再奪取、パストン家に同情した妻やエドワード4世の仲介にも耳を貸さず、死ぬまで城を手放さなかった<ref>ギース、P273、P280、P294、P306、P323 - P327。</ref>。
 
[[1451年]]、再創設されたサリー伯位に叙爵された。さらに[[1461年]]に死んだ父の後を継いで[[ノーフォーク公]]となり、父の所領を継いで[[1469年]]9月にカイスター城([[:en:Caister Castle|Caister Castle]])を手に入れた。しかし、エリザベス・タルボット(初代[[シュルーズベリー伯爵|シュルーズベリー伯]][[ジョン・タルボット (初代シュルーズベリー伯)|ジョン・タルボット]]とマーガレット・の娘)と結婚したが、[[1476年]]ジョンノーフォーク公が死んだ時、夫妻の間に息子がいなかったために公爵位は消滅し、広大な所領と財産は3歳の一人娘[[アン・モウブレー]]が相続、[[1478年]]にアンは[[エドワード4世 (イングランド王)|エドワード4世]]の次男[[リチャード・オブ・シュルーズベリー (ヨーク公)|リチャード]]と結婚した。カイスター城も王家の承認の下パストン家に返還された<ref>ギース、P327 - P331、ロイル、P345。</ref>
 
== 脚注 ==
<references />
 
== 参考文献 ==
* [[フランシス・ギース]]・[[ジョゼフ・ギース]]著、[[三川基好]]訳『中世の家族 <small>パストン家書簡で読む乱世イギリスの暮らし</small>』[[朝日新聞社]]、2001年。
* [[トレヴァー・ロイル]]著、[[陶山昇平]]訳『薔薇戦争新史』[[彩流社]]、2014年。
 
{{start box}}
{{succession box two to one
| title2 = [[ノーフォーク公]]
| title1 = [[サリー伯爵|サリー伯]]
| years2 = 1461年 - 1476年
| before2 = [[ジョン・モウブレー (第3代ノーフォーク公)|ジョン・モウブレー]]