「四職」の版間の差分

(不適切な用語を削除。)
以後、これら四氏は四職時代のような勢力を持つことはなかったが、一色氏を除く三氏は明治時代まで家を存続させ、華族に列している。
 
赤松氏は[[赤松則房]]の代に[[織田信長]]の家臣[[豊臣秀吉|羽柴秀吉]]が播磨に侵攻してくるとこれに降り、後に秀吉の家臣として大名となった。しかし、則房の子[[赤松則英|則英]]は[[関ヶ原の戦い]]において西軍につき、戦後、[[福島正則]]を頼ったが許されず自害させられて赤松氏の嫡流はここに滅んだ。なお、分家は旗本として存続し、明治時代に[[赤松則良|則良]]は海軍軍人として功績を挙げて男爵となった。また、庶流の[[摂津有馬氏|有馬氏]]は[[久留米藩]]主として明治時代まで存続している伯爵となった
 
一色氏は[[一色義定]]の代に[[織田信長]]の家臣・[[細川幽斎|細川藤孝]]が丹後に侵攻してくると、抗戦の後、[[明智光秀]]の仲介で藤孝の娘と婚姻して織田氏に降った。しかし、[[本能寺の変]]において、光秀の味方をしたことから舅の藤孝により討たれ、義定の叔父[[一色義清 (越前守)|義清]]が家督を継いだものの、これも討たれて一色氏の嫡流は滅んだ。
1,587

回編集