「塵 (数)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[北宋]]のものと言われる謝察微の『算経』に小数の名として見え、その後の算術書にも記されてはいるが、現実に使われることはほとんどない。
 
この値は、[[英語]]の {{en|billionth}}、[[SI接頭辞]]の[[ナノ]] (n) と等しいが、現在の[[中国]]では「ナノ」には音訳の「納({{unicode|nà}})」を用いる。
 
==塵劫記==
匿名利用者