「太地喜和子」の版間の差分

m (BOTREQ: oldid=63625075: リンク修正:ソニン (タレント))
 
== 来歴・人物 ==
[[姓]]は[[和歌山県]][[東牟婁郡]][[太地町]]もあを思わせるが、父親は同県[[新宮市]]の出身<ref>『この人に聞く1』p.28-29([[学生社]]、1987年)</ref><ref name="フォーカスな人たち">『フォーカスな人たち』p.210-241、472</ref>。太地は自身の出生について「自分はさる事情から、生後すぐ実母との別離を余儀なくされ、養父母の元に引き取られたと高校在学中に知った」と談話している。太地の実母については、某有名人ら数名の名が取りざたされたこともあるが、詳細は不明のままである。ただし、太地の母はこのことを強く否定している。
 
新宿区立牛込仲之小学校~[[千代田女学園中学校・高等学校|千代田女学園中学校]]卒<ref name="日本映画俳優全集" />。[[松蔭中学校・高等学校 (東京都)|松蔭高等学校]]在学中の[[1959年]]に、[[東映ニューフェイス]]の第6期に合格。同期には[[千葉真一]]・[[亀石征一郎]]・[[真山知子]]・[[茅島成美]]・[[新井茂子]]・[[都築克子]]らがいる。[[東映]]と専属契約し、当初は'''志村 妙子'''(しむら たえこ)という芸名で映画に端役で出演していた。[[1962年]]高校卒業後、翌[[1963年]]東映を離れ[[劇団俳優座|俳優座]]養成所15期生入団、同期に[[前田吟]]・[[村井国夫]]がいた。『[[欲望という名の電車]]』の[[杉村春子]]の芝居に衝撃を受け、[[1967年]][[文学座]]に入団した<ref>{{Cite web |url=http://www.ntv.co.jp/don/contents03/2011/03/19921013.html |title=日テレ「DON!」公式サイト - きょうは何の日ベストセレクション「太地喜和子さんが亡くなった日」(1992年10月13日) |publisher=[[日本テレビ放送網|NTV]] |date=2011-03-11 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20110822193355/http://www.ntv.co.jp/don/contents03/2011/03/19921013.html |archivedate=2011-08-22 |accessdate=2014-09-10 }}</ref>。同年、[[日活]]映画の『花を喰う蟲』に主演。その演技を[[新藤兼人]]監督に認められ[[1968年]]『[[藪の中の黒猫]]』に抜擢されると、全裸もいとわぬ演技で一躍有名になった<ref name="日本映画俳優全集" />。
匿名利用者